試乗インプレッション

ときひろみの「私に乗せなさい!」HONDA CB1100EX(前編)

「空冷の大きいバイクって乗ったことがないから、どんな感じなんだろう?」と立派なフィンを持つホンダCB1100EXに興味津々の“とっきー”ことときひろみさん。「空冷4気筒らしさ」をさらに際立たせたという新型CB1100EXなら、きっとすぐその虜になってしまうはず!

まとめ●モーターサイクリスト編集部 photo●小見哲彦

 


■エンジンの力強さにビックリ!!

 

 

「すっごいパワー! 低回転から背中を押されるみたいに、グ~ッっと加速していく感じ、初めてかも」

普段750ccのスーパースポーツに乗るときひろみさんが驚く。長い歴史の中で、多くのモデルがあるホンダCB。それだけに、世代によって思い浮かべるバイクやその印象もさまざまだが、ときひろみさんは以前乗ったことのあるCB400スーパーフォアで感じた「CBはジェントルなスポーツバイク」というイメージが強かったという。だから、CB1100EXのエンジンの力強さにビックリしたようだ。

空冷エンジンのCB1100EXは最高出力やスピードを追求してはいない。むしろ、日常的なシチュエーションでビッグバイクを大らかに操る醍醐味を追求したモデルだ。ときひろみさんが感じたのは、まさにそれだったのだ。そのうえ、2017年のモデルチェンジでは車体の軽量化が図られたほか、アシストスリッパークラッチを採用。“日常域での楽しさ”を多くのライダーが味わえるよう、熟成も図られている。

シーサイドラインを流したあとに入ったカフェの駐車場で、真剣な眼差しをエンジンに向けるとっきー。

「エンジンに存在感みたいなものがある気がするんです。何だろう?」

もしかしたらそれ、CB1100シリーズが追求した「空冷4気筒のエンジンフィーリング」かもしれませんよ!? 今日はそれをじっくり確かめて、存分に楽しんでください!

 

→後編に続きます!


 

ときひろみ

●TV出演、イベントMCなどで大活躍中のタレント。愛車は750ccのスーパースポーツや、700ccのネイキッドなど多数。各地のバイクイベントでも彼女に出会ったことのある人も多いはず!

 


 

ホンダ CB1100EX

●2017年1月に登場した新型CB1100シリーズは、新形状のマフラーやエアクリーナーの改良で、より空冷4気筒らしいエンジンフィーリングを追求。クラシックなスタイルのEXは、縁に溶接痕のないフランジレスタンクや、ヘアライン加工を施したアルミサイドカバーなど、所有する喜びを高めるパーツも装備されている。

 

 

【specification】

【エンジン・性能】種類:空冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:73.5×67.2㎜ 総排気量:1140㎤ 最高出力:66kW<90ps>/7500rpm 最大トルク:91Nm<9.3kgm>/5500rpm 燃料タンク容量:16ℓ 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:2200 全幅:830 全高:1130 ホイールベース:1490 シート高:780(各㎜) 車両重量:255㎏ タイヤサイズ:110/80R18 140/70R18 【価格】133万8120円 【カラー】赤、青

 

 

(問)Hondaお客様相談センター 電話0120-086819

CB1100EXの詳しい情報はこちら!

関連記事

  1. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その3】40…
  2. 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (後編)
  3. 【NEW MODEL IMPRESSION】電子制御で上質な足周…
  4. 「セローらしさ」って何だ? 初代の構造に込められた“理念”
  5. ときひろみの「私に乗せなさい!」HONDA CB1100EX(後…
  6. TRIUMPHという価値「さらに進化した道を選ばぬ相棒(TIGE…
  7. 【NEW MODEL IMPRESSION】冒険心を満足させる2…
  8. TRIUMPHという価値「新星登場」

旅に出よう!

おすすめ記事

今年2回目のスクランブラーイベント、THE LAND OF JOY @京都を開催 「楽」を楽しむ情報満載!「快適」研究所〜春夏を快適に過ごすためのウエア選び〜 大型連休にいってみたいツーリングルート!志賀草津道路編(前編) 追悼:日本モータースポーツ文化の礎を築き逝った昭和のレジェンドライダーたち 【NEW ITEMS】オージーケーカブト 「RT-33」のグラフィックモデル「DARK(ダーク)」が追加 【二輪車関連老舗ブランドの肖像】No.1:二輪用品市場を牽引してきた「南海部品」ヒストリー 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史3】激しい販売合戦の勃発(1950〜1956年) 山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part3〜 【北海道 vs 信州】バイク旅の2大巨塔を掘り下げる!(移動方法編) 【NEW ITEMS】KUSHITANI GARRISON BELT
クシタニジャケットモニタープレゼント
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP