ツーリング

夏に食べたい! 旨い「レア飯」6選 in 信州

ツーリングに一押し"ご当地グルメ"!

レア飯へ走れin信州

それぞれのエリアを代表するド定番メニューを押さえておくことも重要だが、食べただけで仲間に自慢できるような"知られざる美食"を探し求めるのもツーリングの醍醐味。今年も好奇心をかき立てる情報をお届けしよう!

 

1.昭和感とボリュームが満載 カツのせナポリタン

エリア:佐久

佐久市内にある複数の洋食店で"ヴェロネーズ"や"カルソ"という名称が付けられ提供されているボリューミーな一品。当然のごとくライスを追加するお客さんも後を絶たないとか。ナポリタンはおかず……か!?

2.口に広がるニンニクの風味 美味だれやきとり

エリア:上田

塩の焼き鳥に「美味(おい)だれ」というニンニクの効いた甘辛いたれを付けて食べるのが上田流。皿の上に並べて上から垂らす方式や、たれが満ちたコップにドボッと串ごと浸けるという食べ方も。

3. 縮れた麺に野菜あんが絡む あんかけ焼きそば

エリア:上田

 

極細の平打ち縮れ麵+野菜あんかけ。錦糸卵が彩りを添え、チャーシューはジューシーで柔らかくうまみがある。卓上の酢とからしはお好みで……という、上田市民のソウルフード。

4.ジビエを深く味わえる 遠山ジンギス

エリア:飯田

飯田市遠山郷で食べられているジンギスカン。羊がメインだが、豚・鳥のほか鹿、いのしし、熊などあらゆる肉を使う。基本的には自宅で食べるメニューながら、お店でも食べられる。

5.伊那市民のソウルフード ローメン

エリア:伊那

肉と中華麺を野菜とともに料理するご当地グルメ。スープ風と焼きそば風があり「竜門」では両方を提供中。マトンやラム、豚肉やいのしし、牛すじなど店により使う肉も違う。

6.ウスター系が意外にも合う!ソース煮カツ丼

エリア:松本

見た目こそ普通のカツ丼とほとんど変わらないが、ウスター系ソースを卵とじに使うことが特徴。食前は疑心暗鬼、食べて納得のソース卵とじは全国的にも珍しいもの。松本市の「高橋」が有名だ。

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

【編集部さとうのVITPILEN 701日記】10rpm:驚愕の数値が判明!? 燃費インプレッション 関東圏からのツーリング目的地にぴったり! クシタニカフェが舘山寺温泉にオープン マジェスティSの2020年モデルが発売 ヤマハらしい黄×黒のツートーンなどスポーティなカラーを採用 【平成バイク大図鑑6】アメリカンブーム、それは速さへのアンチテーゼだったのか? 【NEW MODEL】YAMAHA BOLT R SPEC ABS イタリア・PMJの最高峰ライディングデニムパンツが上陸
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. XR750 ハーレー
PAGE TOP