ツーリング

夏に食べたい! 旨い「レア飯」6選 in 信州

ツーリングに一押し"ご当地グルメ"!

レア飯へ走れin信州

それぞれのエリアを代表するド定番メニューを押さえておくことも重要だが、食べただけで仲間に自慢できるような"知られざる美食"を探し求めるのもツーリングの醍醐味。今年も好奇心をかき立てる情報をお届けしよう!

 

1.昭和感とボリュームが満載 カツのせナポリタン

エリア:佐久

佐久市内にある複数の洋食店で"ヴェロネーズ"や"カルソ"という名称が付けられ提供されているボリューミーな一品。当然のごとくライスを追加するお客さんも後を絶たないとか。ナポリタンはおかず……か!?

2.口に広がるニンニクの風味 美味だれやきとり

エリア:上田

塩の焼き鳥に「美味(おい)だれ」というニンニクの効いた甘辛いたれを付けて食べるのが上田流。皿の上に並べて上から垂らす方式や、たれが満ちたコップにドボッと串ごと浸けるという食べ方も。

3. 縮れた麺に野菜あんが絡む あんかけ焼きそば

エリア:上田

 

極細の平打ち縮れ麵+野菜あんかけ。錦糸卵が彩りを添え、チャーシューはジューシーで柔らかくうまみがある。卓上の酢とからしはお好みで……という、上田市民のソウルフード。

4.ジビエを深く味わえる 遠山ジンギス

エリア:飯田

飯田市遠山郷で食べられているジンギスカン。羊がメインだが、豚・鳥のほか鹿、いのしし、熊などあらゆる肉を使う。基本的には自宅で食べるメニューながら、お店でも食べられる。

5.伊那市民のソウルフード ローメン

エリア:伊那

肉と中華麺を野菜とともに料理するご当地グルメ。スープ風と焼きそば風があり「竜門」では両方を提供中。マトンやラム、豚肉やいのしし、牛すじなど店により使う肉も違う。

6.ウスター系が意外にも合う!ソース煮カツ丼

エリア:松本

見た目こそ普通のカツ丼とほとんど変わらないが、ウスター系ソースを卵とじに使うことが特徴。食前は疑心暗鬼、食べて納得のソース卵とじは全国的にも珍しいもの。松本市の「高橋」が有名だ。

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

「218馬力」がようやく手に入る! 新型ホンダCBR1000RR-Rが3月20日に発売 これがカタナにZ、SRだって? 名車の名を冠する「アレ」なバイク6選 大型連休にいってみたいツーリングルート!志賀草津道路編(後編)

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション