試乗インプレッション

ときひろみの「私に乗せなさい!」HONDA CB1100EX(後編)

クラシックなデザインを纏ったネオレトロ、扱いやすいビッグネイキッド、今や数少ない空冷4気筒エンジン搭載車。さまざななキャラクターを持つCB1100EX。それぞれときひろみさんの目にはどう映ったのだろうか?

まとめ●モーターサイクリスト編集部 photo●小見哲彦

 


■DESIGN&UTILITY

「本物の金属パーツが多くて、重厚感あるカッコよさ!」

まず全体は大人っぽいクラシックなデザインで、カッコいいなって思いました。ただ、それだけじゃなくて、フレームがすっごく太かったり、4本のエキパイがメッキで輝いていて「4気筒です!」って言っているような感じだったり、力強い印象も受けました。

あッ! もしかしたらその力強いって感じは、フェンダーとかサイドカバーが本当の金属パーツで「本物感」があるのも関係してるかも!?

でも、見た目はクラシックなのに、現代の装備、ETCとグリップヒーターが付いているのはうれしい! 夏なのでヒーターは使いませんでしたけど(笑)、後から付けるとグリップが太くなったり配線が大変だったりするので、標準装備なのはとってもいいと思います。

 

 

■PERFORMANCE

「パワーがあるだけじゃなく、独特のフィーリングも感じます」

アイドリングからちょっと開けただけくらいの低回転からすごくトルクがあって感動しました! でも、排気量が大きいから力があるっていうだけじゃない気がするんです。何だろう、ただ滑らかに回るだけじゃないというか、パワーの出方にパンチがあるというか……。空冷4気筒ってほとんど乗ったことがないんですけど、これが「空冷の味」なのかな? 初めての体験でとっても面白かったです。

パワーはあるのに、全体的に乗りやすかったのはハンドリングが自然だったからかな。前後18インチホイールのEXは何かクセがあるのかと思ったんですけど、視線を向けた方向にスーッっとイメージどおりに曲がってくれる感覚で、すぐになじめました!

 

 

■RIDING POSITION

「ポジションはとってもラク! 足着きも不安がないです」

「ネイキッドってこういうもの!」っていう感じの、クセのないポジションだと思います。最初に見たときは、大きいな~って思ったんんですけど、ハンドルは広すぎず、狭すぎず、腕も突っ張らない。ホント、「ピッタリ」って感じでした。あと、シートがすごくよかった! 面積は広いし、クッションは厚くてフワフワだし、お尻が全然痛くならない。本当に快適なんです!

身長164㎝の私でも両足が接地するから、足着きで不安な感じはありませんでした。ただ、私の体格だとそれなりに重さは感じるので、下り坂の場所で前向きに止めないようにします。そうやって自分なりに気を付ければ「大きすぎてムリ!」ってことにはならない範囲のバイクだと思います。

 

 

■DREAM

「大人っぽいバイクに合わせて、贅沢な休日を過ごしたいな」

見た目はクラシックなデザインで、とっても大人な感じ。特に今日乗った赤いカラーは、タンクにラメが入っていて、これも「大人のオシャレ」みたいな感じで好きです。でも、走り出すとパワーと刺激がある。紳士なんだけど、秘めた力強さがあるみたいな……そんな二面性が面白いバイクだと思いました。

だからかな、CB1100EXに乗ったら「大人っぽい休日」を過ごしてみたいかも。パワーがあるから、まずバーッって高速道路を走って、シーサイドラインを気持ちよくクルージングして、海沿いのカフェに行ってのんびりするだけ。ん~、そんな贅沢な時間の過ごし方が似合う、「大人の女性」に私もなりたいな!

 

 

ときひろみ

●TV出演、イベントMCなどで大活躍中のタレント。愛車は750ccのスーパースポーツや、700ccのネイキッドなど多数。各地のバイクイベントでも彼女に出会ったことのある人も多いはず!

 

←前編はこちらです!


■specification

【エンジン・性能】種類:空冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:73.5×67.2㎜ 総排気量:1140㎤ 最高出力:66kW<90ps>/7500rpm 最大トルク:91Nm<9.3kgm>/5500rpm 燃料タンク容量:16ℓ 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:2200 全幅:830 全高:1130 ホイールベース:1490 シート高:780(各㎜) 車両重量:255㎏ タイヤサイズ:110/80R18 140/70R18 【価格】133万8120円 【カラー】赤、青

 

(問)Hondaお客様相談センター 電話0120-086819

CB1100EXの詳しい情報はこちら!

関連記事

  1. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その4】旅す…
  2. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その2】F1…
  3. 【NEW MODEL IMPRESSION】常勝フラットトラック…
  4. TRIUMPHという価値「新星登場」
  5. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編)…
  6. 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (前編)
  7. ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI GSX250R(後…
  8. 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (後編)

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW ITEM】Alpinestars FASTER3 SHOE 【もう一度乗りたい90年代車】HONDA CB750編 (前編) 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】02.rpm:慣らし運転でバイクを可愛がる 【平成バイク大図鑑1】烈火のごとく吹き荒れたレプリカブーム 【NEW MODEL】HARLEY-DAVIDSON SPORT GLIDE 【ワインディングニッポン】六甲を走り尽くす! 【NEW ITEMS】ACTIVE φ28.6 TAPERHANDLE SUPERLOW 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史5】市場に衝撃を与えたライバルの登場(1956〜1959年) ホンダ・CB750Fourが発表された1968年は、クルマ&バイクの当たり年だった!? 北海道・十勝 ── とっておきの体験型観光
クシタニジャケットモニタープレゼント
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP