試乗インプレッション

ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI GSX250R(前編)

250ccの魅力的なロードスポーツモデルが続々登場する中、2017年春にスズキが投入したのが、スポーティなデザインと扱いやすい走りを両立したGSX250R。まずそのデザインに興味持った“とっきー”ことときひろみさんは、細部をじっくりと観察! 試乗後にどんなコメントが飛び出すのか、とても楽しみだ。

まとめ●モーターサイクリスト編集部 photo●真弓悟史

 


■とても扱いやすくていい!!

「スタイリッシュで格好いいです! サイドカウルが重ねられたデザインになっているのも好きですね」

プライベートではGSX-R750に乗るときひろみさん、同じ「GSX」を冠するモデルとのファーストコンタクトは好印象。実車を前にそういって目を輝かせた。  GSX250Rは、それまでスタンダードモデルとしてラインアップされてきたGSR250のコンポーネントをベースとしながら、スポーティなフルカウルをまとったモデルだ。GSR250にはそのフルカウル版である「GSR250F」という派生モデルもラインアップされていたが、その「F」よりもGSX250Rのほうが車重は11kg 軽い。

軽量な車体は取り回しもしやすい。市街地をひとまわりしたあと、開口一番「本当に扱いやすいですね。色んな用途に使えそうだけど、私ならあえて高速を使わないでツーリングに出かけてみたいな」と、ときひろみさん。ベースとなったGSR250も好きなモデルだったということで、GSX250Rとも相性はいいようだ。

各社がスポーティな250ccモデルをラインアップする中で、デザインはスーパースポーツ「GSX-R」のイメージを受け継ぎつつ、しかも「乗りやすい」というのがまさに特徴。そのポイントを早くも押さえたときひろみさん、すぐまた走りだそうとしている。一体今日はどこまで走りに行くのだろうか!?

 

 

 

ときひろみ

●TV出演、イベントMCなどで大活躍中のタレント。愛車は750ccのスーパースポーツや、700ccのネイキッドなど多数。日本サイドカーレース協会主催のレースにパッセンジャーとして参戦するという一面も!

 

 

SUZUKI GSX250R

開発コンセプトは「アーバンアスリート」。スタンダードモデルとして定評のあったGSR250から基本構成は踏襲しつつも、エンジンはフリクションの低減など改良を行い低中速域がさらに扱いやすい特性に。車体面はレイヤード構造のカウルやシャープな形状のテールカウル、前後別体式シートなどを採用しスポーティなイメージを強調している。

 

 

→後編に続きます!


■specification

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC2バルブ ボア×ストローク:53.5×55.2㎜ 総排気量:248㎤ 最高出力:18kW<24ps>/8000rpm 最大トルク:22Nm<2.2kgm>/6500rpm 燃料タンク容量:15ℓ 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:2085 全幅:740 全高:1110 ホイールベース:1430 シート高:790(各㎜) 車両重量:178㎏ タイヤサイズ:110/80-17 140/70-17 【価格】52万7040円 【カラー】青×白、赤×黒、黒

 

(問合わせ先)

(問)スズキお客様相談室 電話0120-402-253

SUZUKI GSX250Rの詳しい情報はこちら!

関連記事

  1. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その3】40…
  2. 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (前編)
  3. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編)…
  4. 【NEW MODEL IMPRESSION】常勝フラットトラック…
  5. ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI SWISH(スウィ…
  6. 【NEW MODEL IMPRESSION】DUCATI MUL…
  7. 「セローらしさ」って何だ? 初代の構造に込められた“理念”
  8. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その2】F1…

旅に出よう!

  1. ベビーツインAA

おすすめ記事

【ワインディングニッポン】 八幡平アスピーテライン(岩手県・秋田県) 【NEW MODEL】HONDA CB250R/〈ABS〉 【おとなの信州探訪】街を起点に自然と文化を楽しむ「松本」:後編 【二輪車販売最前線】価格と技術は比例するか? リッタークラスの価格が10年間で2倍以上になった理由とは 【北海道 vs 信州】バイク旅の2大巨塔を掘り下げる!(移動方法編) 【NEW ITEMS】SHOEI VFX-WR GRANT3 Z H2が2020年初夏、Ninja ZX-25Rが2020年秋ごろを予定! カワサキが注目モデルの国内導入予定時期を公開 「北海道ふっこう割」で ブラッと旅するひがし北海道-3 ホンダ リード125がカラーバリエーションを変更 【今からでも遅くない雨の日対策】梅雨に夕立にゲリラ豪雨……雨に降られたら心がけたいライディングとは!?
BIKE王

ピックアップ記事

  1. スーパーカブ100

カテゴリー記事一覧

  1. ベビーツインAA
  1. スーパーカブ100
  2. ゴディエジュヌー1135R
PAGE TOP