ニューモデル

ハーフフェアリングやパニアケースを装備したレブル1100Tを発表

ホンダは、欧州および北米でレブル1100のバリエーションモデルとして、大型のフェアリングなどを標準装備したCMX1100Tレブル(北米名レブル1100T)を発表。イタリア・ミラノの開催されるEICMA2022(ミラノショー)に出展する。

CMX1100T レブル(欧州仕様)

レブル1100は、アフリカツインやホーク11などと同じ1082cc並列2気筒OHCエンジンを搭載するクルーザーモデル。大人気のレブル250の長兄モデルであり、6速マニュアルミッションに加えて大型自動二輪のAT限定免許でも運転できる6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)も選択可能とし、きわめて良好な足着き性も備えている。

今回発表されたのは、小型スクリーンを備えたハーフフェアリングと、コンパクトなハードサドルバッグ(パニアケース)を装備した、いわゆる「バガー」と呼ばれるツーリングモデル。
この大型フェアリングは純正アクセサリーのスクリーンカウルとは異なるデザインを採用しているため、オプションのヘッドライトカウルを標準装備したレブル250Sエディションのようなモデルではない。

CMX1100T レブル(欧州仕様)
日本でも販売される純正アクセサリーのスクリーンカウル

サドルバッグの容量は右が16L、左が19Lで合計35L。左右合計で60Lの容量を持つゴールドウイングほどではないが、積載性が高まったのはうれしいかぎり。しかもハードタイプなので雨風などを気にしなくていいのも有り難い。

そのほかのスペックはレブル1100とほぼ共通。64kW(87馬力)のパワー、98Nm(10.0kgm)のトルクにも差は見られない。なお、欧州仕様のカラーはガンメタルブラックメタリックだが、北米仕様にはボルドーレッドメタリックも用意される。

メーターやハンドル周りのデザインもレブル1100で見慣れたものだ
北米仕様のボルドーレッドメタリック

なお、Twitterのホンダ公式アカウント(@HondaBike_hmj)から「国内モデルについては今後の情報発信をお待ちください」との発信があり、またHondaGOバイクラボ(https://hondago-bikerental.jp/bike-lab/)では2023年の国内販売を予定とアナウンスされている。早期の国内導入を期待したい。

CMX1100T レブル主要諸元(欧州仕様)

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:92mm×81.5mm 総排気量:1084cc 最高出力:64kW/7000rpm 最大トルク:98Nm/4750rpm 変速機:6段リターン[6速DCT] 燃費:20.4km/L
[寸法・重量]
全長:8840 全幅:853[834] 全高:1115 ホイールベース:1520 シート高:700(各mm) 車両重量:238[248]kg タイヤサイズ:F130/70B18 R180/65B16 燃料タンク容量:13.6L
※[ ]内はDCT

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

ホンダ
お客さま相談センター:0120-086819
https://www.honda.co.jp/motor/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

Z H2が2020年初夏、Ninja ZX-25Rが2020年秋ごろを予定! カワサキが注目モデルの国内導入予定時期を公開 超希少車「MFT250試乗レポート」無限MUGENが作ったXR250エンジンの市販ダートトラッカーを覚えているか インカムの使用は「ながら運転」違反になる? ならない? ライダー人気アイテムの“間違った使い方”
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP