コラム

スズキ「GSX1100S KATANA」「GSX750S」が 「歴史遺産車」に選定!! そもそも「歴史遺産車」とは?

スズキ 3回目の「歴史遺産車」選定

スズキが1981年から2000年まで製造していた大型二輪車「GSX1100S KATANA」と、1982年に国内で発売した「GSX750S」が、「歴史遺産車」に選定されました。スズキの製品が「歴史遺産車」に選定されたのは2008年の「スズライト」、2020年の初代「ジムニー」に続き、3回目となります。

日本自動車殿堂の「歴史遺産車」とは?

特定非営利活動法人日本自動車殿堂の「歴史遺産車」とは、日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車を選定し、日本自動車殿堂に登録して、永く伝承するものです。

今回の選定では、「『日本刀』をイメージしてデザインされたスズキGSX1100S KATANA/GSX750Sは、欧州市場をはじめ日本でも高く評価され、スズキブランドの確立とシェアの拡大に貢献し、世界の二輪車市場で新しいジャンルを切り拓いた歴史的名車である」という点が評価されました。

「GSX1100S KATANA」は、1980年のケルンショー(ドイツ)に出品し、翌年ほぼそのままのスタイルで輸出モデルとして発売して、高性能なエンジンと日本刀をモチーフとした斬新な外装デザインで注目を集めました。その後、全世界で好評を博し、日本では1994年に発売して2000年まで生産されました。

また、そのデザインを踏襲した「GSX750S」は、1982年に国内で発売し、高出力・低燃費のエンジンに前後輪ディスクブレーキ、減衰力アジャスタブル方式のリヤサスペンションなどを採用して本格的なロードスポーツモデルとしての道を切り開きました。さらに、「KATANA」シリーズは650cc、400cc、250ccと幅広く展開し、多くのユーザーを獲得しました。

スズキ株式会社 代表取締役 社長 鈴木俊宏のコメント

今回の選定に際し、スズキ株式会社 代表取締役 社長 鈴木俊宏は、次のようにコメントしています。

「世界中の『KATANA』ファンのおかげで、スズキの二輪車として初めて『GSX1100S KATANA』、『GSX750S』が『歴史遺産車』に選ばれたこと、大変嬉しく思います。2019年に新世代へと進化した『KATANA』の開発コンセプトは『Forging a New Street Legend(新たなるストリートバイクの伝説を鍛造する)』ですが、これは『GSX1100S KATANA』、『GSX750S』を原点とし、刀鍛冶が鋼を叩いて鍛え上げ、丹念に強靭な刀を作り上げるように『KATANA』を鍛錬して作り上げたことを表現しています。原点から脈々と受け継がれるその思いと共に、これからも『KATANA』を応援していただければ幸いです。」

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●スズキ

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

警察官になれば運転免許がタダで取得できるウワサは嘘! 実は自腹で教習所に通わなきゃいけない裏事情 【厳選!ツーリングサポートアイテム】快適な通話が自慢のB+COMシリーズ。この美しい限定カラーが手に入るのは今だけだ! A.S.H.クオリティの真髄<#11> クリアランス大きめ、ビンテージ輸入車を大切に乗りたい!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション