ニューモデル

三輪スポーツバイク、ナイケンGTをモデルチェンジしミラノショーに出展

ヤマハは、LMW(リーニングマルチホイール)の大型スポーツモデル、ナイケンGT(NIKEN GT)を2023年モデルとしてモデルチェンジし、イタリア・ミラノで11月8日から開催されるEICMA2022(通称ミラノショー)に出展する。

ナイケンGTは、2つの前輪と1つの後輪を持つ三輪スポーツツアラー。ヤマハ独自のパラレログラムリンクを用いたサスペンション&ステアリング機構、「LMWアッカーマン・ジオメトリ」により、高い安定性と優れた旋回性を両立したのが特徴だ。

最大の変更点は、エンジンが現行型MT-09などと同じ888ccのCP3(クロスプレーンコンセプト3気筒)エンジンに刷新されたこと。また、新設計のハイブリッドフレームは応答性が高められており、リヤサスペンションは路面への追従性が向上している。

このほか、アップ・ダウン対応のクイックシフターを搭載し、ナビ機能に対応するスマホ連動7インチ高輝度TFTメーターや可動式スクリーンも装備。さらに、純正アクセサリーのサイドケースが取り付けやすいステーや足着き性を向上させたシートなど、ツアラーモデルらしく快適性と積載性をアップデート。基本デザインは従来モデルを踏襲するものの、フレームカラーなどを変更することによってより上質なイメージに仕上げられている。

気になる日本発売は、2023年秋以降を予定している。

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

ヤマハ発動機
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

スポーツ車でもキャンプに行ける死角なしの定番サイドケース「MOTOFIZZ カービングシェルケース」 【ワインディングニッポン】ビーナスライン(長野県) 『GTO』元暴走族教師、鬼塚はなぜ市場価格300万の高額絶版車「カワサキ Z2」に乗っているのか
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP