ニューモデル

三輪スポーツバイク、ナイケンGTをモデルチェンジしミラノショーに出展

ヤマハは、LMW(リーニングマルチホイール)の大型スポーツモデル、ナイケンGT(NIKEN GT)を2023年モデルとしてモデルチェンジし、イタリア・ミラノで11月8日から開催されるEICMA2022(通称ミラノショー)に出展する。

ナイケンGTは、2つの前輪と1つの後輪を持つ三輪スポーツツアラー。ヤマハ独自のパラレログラムリンクを用いたサスペンション&ステアリング機構、「LMWアッカーマン・ジオメトリ」により、高い安定性と優れた旋回性を両立したのが特徴だ。

最大の変更点は、エンジンが現行型MT-09などと同じ888ccのCP3(クロスプレーンコンセプト3気筒)エンジンに刷新されたこと。また、新設計のハイブリッドフレームは応答性が高められており、リヤサスペンションは路面への追従性が向上している。

このほか、アップ・ダウン対応のクイックシフターを搭載し、ナビ機能に対応するスマホ連動7インチ高輝度TFTメーターや可動式スクリーンも装備。さらに、純正アクセサリーのサイドケースが取り付けやすいステーや足着き性を向上させたシートなど、ツアラーモデルらしく快適性と積載性をアップデート。基本デザインは従来モデルを踏襲するものの、フレームカラーなどを変更することによってより上質なイメージに仕上げられている。

気になる日本発売は、2023年秋以降を予定している。

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

ヤマハ発動機
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

HARD WORXのハードケースはコスパ最高!ゴージャスなアルミケースをデイリーに使おう 「泥はね運転違反」をご存知か? クルマやバイクで歩行者に水しぶきや雪をかけると道交法違反になるのだ! アライヘルメットがRX-7X用スポイラーを発売 レースなどの超高速域で効果を発揮!

カテゴリー記事一覧