ニューモデル

軽二輪アドベンチャースクーター、ADV160の国内発売を正式発表!

ホンダは10月28日、アドベンチャースタイルを採用した軽二輪スクーター、ADV150の後継モデルとなる「ADV160」を2023年1月26日に発売すると発表した。

ADV160は、156cc水冷4ストローク単気筒OHCを搭載した軽二輪モデルで、製造国であるタイなどでは既に発表されている新型スクーターだ。従来のeSPエンジンから出力向上とフリクションの低減を実現した「eSP+エンジン」となったのは2020年に発売されたPCX160と同様で、前モデルのADV150から排気量を7ccアップすることで1馬力/0.1kgmアップの16馬力/1.5kgmを達成。また、新形状のアンダーボーンフレームの採用と15mmダウンした780mmのシート高により足着き性を改善し、取り回し性能を高めている。

安全性能では、滑りやすい路面での安定性を高めるホンダセレクタブルトルクコントロールを新搭載した。液晶タイプのメーターは画面を大型化して視認性を高めただけでなく、タコメーターや外気温計も追加している。また、フロントインナーボックス内にはUSBタイプAの充電ソケットも装備している。

エクステリアのイメージはADV150を踏襲するが、サイドやアンダーカウルのデザインとカラーを変更することでよりタフで先進的なスタイルに仕上げている。2段階の高さ調節が可能なウインドスクリーンは大型化され、高速道路などでの防風性のが向上した。

カラーバリエーションは、上質さとスポーティさを併せ持つマットダリアレッドメタリック、精悍で力強いマットガンパウダーブラックメタリック、都会的なパールスモーキーグレーの3色を設定。価格はADV150から2万2000円アップした。

マットダリアレッドメタリック
マットガンパウダーブラックメタリック
パールスモーキーグレー

ホンダ ADV160主要諸元

[エンジン・性能]
種類:空冷4ストローク単気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:60.0mm×55.5mm 総排気量:156cc 最高出力:12kW<16ps>/8500rpm 最大トルク:15Nm<1.5kgm>/6500rpm 変速機:無段変速 WMTCモード燃費:42.5km/L
[寸法・重量]
全長:1950 全幅:760 全高:1195 ホイールベース:1325 シート高:780(各mm) 車両重量:136kg タイヤサイズ:F110/80-14 R130/70-13 燃料タンク容量:8.1L
[価格]
47万3000円

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

ホンダお客様相談センター
TEL:0120-086819
https://www.honda.co.jp/motor/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

「バイクによるあおり運転」どんなケースが罪になる? クルマの場合と罪状は違う?弁護士さんに聞いてみた 最強モデルはどれだ!?第2弾 航続距離の長い150~250ccスクーターベスト6 ミッドランドの新インカム「RCFエディション」2022年東京モーターサイクルショーで発表!! コンサートホールのようなサウンドを実現
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP