ニューモデル

スタイリングを一新したXMAX 300をミラノショーに出展

ヤマハは10月28日、11月8日からイタリア・ミラノで開催されるEICMA2022(国際モーターサイクルエキシビション、通称ミラノショー)に292cc水冷4ストローク ブルーコアエンジンを搭載したミドルクラスのスポーツスクーター、XMAX 300の2023年モデルを出展すると発表した。

新型XMAX 300は「Condensed 7days Mobility」を開発コンセプトとし、2017年の初代モデル発売から6年目にして初のモデルチェンジとなる。従来モデル同様MAXシリーズの象徴である「Xモチーフ」を随所に用いたスタイリングを採用している。なお、公開された写真を見る限り現行型のイメージを受け継いでいるものの、フロントウインカーはカウル下部からより被視認性のいいウインドスクリーン横に移設されカウル類の形状も一新。よりシャープなデザインとなったようだ。また、灯火類はLED化され、足着き性やフィット感に優れる新型シートも装備した。

なお、2.4インチカラーTFTディスプレイには、同社が進めているコネクティッド機能搭載製品の拡充やモバイルアプリ展開の加速などに合わせ、スマートフォンの情報やナビゲーションを表示できる機能を追加している。

現時点で性能・仕様は未発表。気になる日本仕様は、249ccエンジンを搭載して2023年夏以降に導入される予定だ。

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

ヤマハ発動機
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

『モーターサイクリスト』4月号は3月1日!! 付録は「ホンダNT1100ほか最旬ツアラー完全ガイド」 トライデント660 トライアンフ 【試乗速報】トライアンフ トライデント660「日本では98万円!ベテランライダーも満足できる超優秀3気筒マシン」 118万円〜で購入できるBMW「F900XR」はお買い得車なのか?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP