ニューモデル

ドゥカティ・ディアベル1260Sとスクランブラーシックスティ2に個性的なニューカラーを設定

ドゥカティジャパンは、ディアベル1260Sとスクランブラー シックスティ2の個性的な新色を発表した。

ドゥカティ・ディアベル1260S

ディアベル1260Sの新色は、ドゥカティ・ワールド・プレミア2019で発表された、ドゥカティ・レッドとホワイト・トリムを組み合わせた「ドゥカティ・レッド」。
タンクとアンダーカウル、シートの裏側などに鮮やかなレッドを採用し、「DUCATI」、「DIAVEL」といったロゴやタンクのラインにホワイトを用いることでレッド×ホワイト×ブラックの美しいコントラストを実現。発売は5月15日で、価格は283万7000円だ。

一方スクランブラー シックスティ2は、日本のユーザーから要望が多かったという「オーシャン・グレイカラー」で、日本向けは100台の限定生産となる。発売日は5月24日、価格は92万円となっている。

ドゥカティ・スクランブラー シックスティ2

CONTACT

問い合わせ先 ドゥカティジャパン
URL http://www.ducati.co.jp

おすすめ記事

冬のライディングの強い味方になるウインターグローブ3種をリリース アルパインスターズ「ミサイルv2レザースーツ」が2022年4月発売、エアバッグ対応の新世代レーシングスーツ! 「セローらしさ」って何だ? 初代の構造に込められた“理念”
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP