トピックス

ホンダ ゴールドウイングがアンドロイドスマホをより活用できる「Android Auto」の適用を開始

ホンダは、1833cc水平対向6気筒エンジンを積んだフラッグシップツアラー、ゴールドウイングシリーズを「Android Auto」対応とした。

Android Autoは、アンドロイドスマートフォンをメーター内の液晶ディスプレイと接続することで、ゴールドウイングからスマホアプリを利用できるようにするもの。
これまで同車は二輪車として初めてiPhoneの「Apple CarPlay」に対応していたが、新たにAndroid Autoも適用となったことでアンドロイドスマホユーザーでも音楽再生やナビ、通話やメッセージ機能などが利用可能となる。

利用するにはアンドロイド5.0以上を搭載するスマートフォンとAndroid Autoアプリが必要(アプリの利用料や通信料金はユーザー負担)。利用時にはブルートゥースヘッドセットを接続する必要もある。なお、ソフトウエアの更新方法は6月15日からホンダのウェブサイトで案内される。

ホンダでは今後、適用対象モデルを拡大し、ユーザーのバイクライフにさらなる快適、利便性を提供していくとしている。

CONTACT

問い合わせ先ホンダお客様相談センター
電話番号0120-086819
URLhttps://www.honda.co.jp/motor/

 

おすすめ記事

KTMが新型ミドルネイキッドの890デュークRを発表 シリーズ初となるLEDライトを装備したモト・グッツィV7IIIストーン ナイトパックが登場 【NEW ITEM】SP TADAO POWER BOX FULL“SS” 【快適ツーリンググッズ】ヘルメットも楽々入っちゃう! GOLDWIN ツーリングデイパック ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI GSX250R(前編) 【NEWS】ドゥカティ、2017年の販売が 5万5871台を記録
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP