ニューモデル

マジェスティSの2020年モデルが発売 ヤマハらしい黄×黒のツートーンなどスポーティなカラーを採用

ヤマハは3月10日、155cc水冷4ストローク単気筒OHCエンジンを搭載するスポーツスクーター、マジェスティSの2020年モデルを発表した

この20年モデルは、新たにイエロー、グレー、ブラック、ホワイトという4つのカラーを設定。ビビッドイエローソリッド2(上写真)はヤマハを象徴する黄色と黒のツートーンカラーを採用し、グレーメタリックMは落ち着いたカラーリングにブルーをあしらったのが特徴。モノトーンのブラックメタリックXはモダンでスポーティなイメージだ。なお、継続色であるシルキーホワイトはハンドルやブレーキレバーをブラックに変更した。

価格は37万9500円で、発売は4月10日となっている。

グレーメタリックM
ブラックメタリックX
シルキーホワイト
NOTE

カスタマーコミュニケーションセンター
TEL:0120-090-819
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

おすすめ記事

ホンダ ゴールドウイングがアンドロイドスマホをより活用できる「Android Auto」の適用を開始 【’80sバイク熱狂時代】今では当たり前に使う”ブランドカラー”はいつから始まった? スーパーカブ100 なんで「タイカブ」って言うの? 走りも良かった「カブ100EX」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
VT250
PAGE TOP