新製品

ミツバサンコーワのドラレコに延長ケーブル同梱モデルが登場

ミツバサンコーワは、バイク用のカメラ別体式ドライブレコーダー「EDRシリーズ」に、数量限定モデル「EDR-21GL」を設定した。

EDRシリーズは、1カメラのEDR-11、2カメラのEDR-21、そして2カメラ+GPSのEDR-21Gの3仕様をラインアップ。いずれもイグニッションのオン・オフに連動した常時録画、手動録画、衝撃を検知して録画する衝撃録画を搭載し、アクシデント発生時にその様子をしっかりと記録可能。対角視野角162度のソニー製200万画素CMOSセンサーによりワイドな画角でフルHD画質記録ができ、明暗差の大きなシーンでも明瞭な映像が撮れるWDR(ワイドダイナミックレンジ)機能も搭載している。

この限定モデルは、EDR-21Gのロングケーブルバージョン。車体が大きいクルーザーモデルや、配線の取り回しが複雑になりがちな大型スクーターなどのユーザーから「ケーブル長が足りずに本体の設置場所が限られる」という要望に応えたもので、「カメラ用延長ケーブル 0.5m」が1本が同梱されている。

●同梱される延長カメラケーブルは防水性や耐ノイズ性も考慮して設計されているので、通常モデルと同様に使用可能だ

●ビッグスクーターなど配線の取り回しが複雑になるバイクでも、カメラの設置場所の自由度が高まる

強靱な防水・防塵・耐振動設計や、無線LANによる専用スマホアプリでの映像確認やダウンロード機能などはベースモデル同様。カメラ部は非常にコンパクトなので、バイクのスタイルを崩さずに設置できるのが特徴だ。

価格は、EDR-21Gの700円高となる3万5500円(税別)。なお、延長ケーブルはオプションパーツとして用意されており、価格は「延長カメラケーブル 0.5m」が1200円、「延長カメラケーブル 1m」は1800円、「延長スイッチケーブル 0.5m」は1200円となる。

CONTACT

問い合わせ先 ミツバサンコーワ
URL https://www.mskw.co.jp

 

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

床を変えればこんなに映える! テックタイルを編集部のガレージで試してみた! バイクは空冷エンジンがバリバリ現役だけど、クルマにもまだ空冷ってあるの? 電動バイクの航続問題は「簡単バッテリー交換」で解決! ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキが共通規格を検討開始
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP