ニューモデル

アグレッシブなスタイルと公道に最適化された性能を持つ新型ストリートトリプルSを発表

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、660cc並列3気筒DOHCエンジンを搭載するスポーツネイキッド、新型ストリートトリプルSを20年春に発売すると発表した。

ストリートトリプルSは、上位モデルであるストリートトリプルRSと同様のアグレッシブなスタイリングが特徴。個性的な2眼LEDヘッドライト、新形状のフライスクリーン、エアインテーク、サイドパネル、リヤユニット、調整機能を向上させた新スタイルのミラー、モダンなデザインのデカールと新しいペイントスキームを採用している。

欧州の次世代排ガス規制のユーロ5に適合したエンジンは、最高出力95.2馬力、最大トルク6.7kgmを発揮する660cc水冷並列3気筒DOHC4バルブ。ライド・バイ・ワイヤを採用しており、トラクションコントロール、ロードとレインに切り替えられるライディングモードも搭載する。

メーターはアナログ式のタコメーターと液晶ディスプレイを組み合わせたもので、ライディングモードはこのディスプレイで変更する。

サスペンションは前後ともショーワ製で、フロントはφ41mmセパレートファンクションフォーク、リヤはプリロード調整が可能なピギーバッグリザーバータイプモノショックとなる。また、特徴的なガルウイングスイングアームは優れた高速安定性を実現しているという。

ABS付きのブレーキシステムは、フロントにニッシン製2ピストンスライディングキャリパーを備えたφ310mmダブルディスク、リヤはブレンボ製シングルピストンキャリパー+φ220mm固定式シングルディスクとし、クラス最軽量のホイールに公道走行にフォーカスしたピレリのディアブロロッソⅢを組み合わせている。

100馬力弱の使いやすいパワーと電子制御技術、ハイスペックなパーツ類により、その走りを存分に楽しめるミドルスポーツとなったストリートトリプルS。さらに驚かされるのは、税込みで99万9000円という価格設定だ。これはRSよりも40万円以上安いもので、多くのライダーが手軽にその走りを味わえるはず。また、アップとダウンに対応するクイックシフターやアロー製サイレンサーなどを始めとする60種類以上の豊富な純正アクセサリーが用意されるのも魅力と言えるだろう。

●カラーはクリスタルホワイトのみの設定

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:76.0×48.5mm 総排気量:660㎤ 最高出力:70kW〈95.2ps〉/11250rpm 最大トルク:66Nm〈6.7kgm〉/9250rpm 燃料タンク容量:17L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:── 全幅:765 全高:1060 ホイールベース:1410 シート高:810(各㎜) 重量:188kg タイヤサイズ:Ⓕ120/70ZR17 Ⓡ180/55ZR17

CONTACT

問い合わせ先トライアンフコール
電話番号03-6809-5233
URLhttps://www.triumphmotorcycles.jp

おすすめ記事

「楽」を楽しむ情報満載!「快適」研究所〜春夏を快適に過ごすためのウエア選び〜 ゴールドウインモーターサイクル 初のPOP UP STOREがOPEN! カワサキ「Z」&スズキ「カタナ」 昭和から令和へ受け継がれたブランドを改めて味わう 【NEWS】ヤマハの250㏄ネイキッドが インドでデザイン賞を受賞 【NEWS】国道に面していてICからも超近い! 「トライアンフ群馬」が7月6日にグランド・オープン! 【最新「護る」ツール】ALPINESTARSが誇るワイヤレスで超高速反応なエアバッグ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
  1. Z650 ザッパー
PAGE TOP