ニューモデル

新型1290スーパーデュークRがミラノショーに登場

KTMは、ミラノショー(EICMA2019)で新型1290スーパーデュークRを発表した。

新型1290スーパーデュークRはフレームやサスペンションを刷新し、それに合わせてボディワークも全面的に変更。排気系の取り回しが変更されたLC8エンジンはパワーが向上しており、6kgの軽量化や電子制御装置の採用と相まってこれまで以上の走行性能を実現している。

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列2気筒 ボア・ストローク:108.0×71.0mm 総排気量:1301㎤ 最高出力:132kW〈179ps〉/──rpm 最大トルク:140Nm〈14.3kgm〉/──rpm 燃料タンク容量:16L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:── シート高:835(各㎜) 車両重量:189kg(乾燥)

CONTACT

問い合わせ先KTMジャパン
URLhttps://www.ktm.com/jp/

関連記事

  1. ハスクバーナFS450の2020年モデルが登場
  2. ハスクバーナが701スーパーモト&エンデューロの2020年モデル…
  3. ヨーロッパで公開、CBR1000RRに「R」がついてフルモデルチ…
  4. ライバルはゴールドウイング? インディアンがスポーティな新型クル…
  5. 復活の250cc四気筒! カワサキ・Ninja ZX-25Rの詳…
  6. ヤマハYZF-R6レースベース車の予約受け付けを開始
  7. ニンジャZX-6R KRTエディションのグラフィックを変更
  8. KTMが新型ミドルネイキッドの890デュークRを発表

おすすめ記事

【NEW MODEL】YAMAHA MT-07 ABS 価格はいったいどうなる!? 注目のニンジャZX-25Rの販売価格を予想する 【EVENT REPORT】バイクメーカーの興亡を辿る 時代を駆け抜けたモーターバイク展 35年の歴史に幕 ヤマハ・セローの国内生産・販売が2020年で終了 トリシティに300ccエンジンを積んだ中型モデル 【平成バイク大図鑑4】なにより夜がアツかった平成前夜 フルスロットル狂想曲 【EVENT】“手ぶら”で体験&試乗OK!「KUSHITANI FIT&RIDE 2019」が2019年4月27日開催 旧車放浪記〜上がりバイクを求めて その1 【NEW MODEL】HONDA CB250R/〈ABS〉 【NEWS】クシタニカフェ2店舗にてカワサキ車両の特別展示が決定!!
BIKE王

ピックアップ記事

  1. ニンジャGPZ900R A2
PAGE TOP