ニューモデル

フラッグシップツアラー、ゴールドウイングが商品力をアップ

ゴールドウイング ゴールドウイングツアー

ホンダは、フラッグシップツアラーのゴールドウイングに商品力を高める改良を実施。同時にカラーバリエーションを変更して、2020年1月24日にゴールドウイングツアーを、2月14日にゴールドウイングを発売する。

今回の改良では、ゴールドウイングシリーズの左側サドルバッグ内にUSBケーブルを標準装備化。また、ツアーは前後サスペンションのセッティングを最適化してより上質な乗り心地を実現し、リヤグリップの形状を変更してパッセンジャーの安心感を高めた。

さらに、ゴールドウイングツアーのデュアル・クラッチ・トランスミッション<エアバッグ>は、PGM-FIとDCTのセッティングを変更することで低速域の使いやすさを高めている。

カラーバリエーションは、ゴールドウイングには精悍なマットバリスティックブラックメタリック(上写真)を新設定。継続色のマットマジェスティックシルバーメタリックとの2色展開とした。価格は、MT車が278万7400円、DCT車は293万400円だ。

ゴールドウイングツアーには、ストライプを配したパールグレアホワイト(ストライプ)を新採用。継続となるダークネスブラックメタリック、キャンディーアーダントレッド、パールグレアホワイトと合わせて4色を設定。デュアル・クラッチ・トランスミッション<エアバッグ>は、パールグレアホワイト(ストライプ)、ダークネスブラックメタリック(ツートーン)、キャンディーアーダントレッド(ツートーン)、パールグレアホワイトの4色となる。価格は、MT車が301万8400円、DCT車は338万1400円となっている。

ゴールドウイングツアー ゴールドウイング

●ゴールドウイングツアー デュアル・クラッチ・トランスミッション<エアバッグ>
カラー:パールグレアホワイト(ストライプ)。

CONTACT

問い合わせ先ホンダお客様相談センター
電話番号0120-086819
URLhttps://www.honda.co.jp/motor/

関連記事

  1. 「Sugomi」どころじゃない!? Zシリーズのフラッグシップ「…
  2. 【NEW MODEL】マットモーターサイクルズからニューモデル4…
  3. ヘッドライトが超カッコよくなった!? ホンダ・レブル500がマイ…
  4. エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー
  5. 人気スポーツのYZF-R3/R25の2020年モデルはシルバー、…
  6. ハスクバーナがミドルアドベンチャーのコンセプトモデル「ノーデン9…
  7. ブルターレ1000RRをベースとする200馬力オーバーのハイパー…
  8. 軽量コンパクトなベスパLX125 i-getの装備を充実

おすすめ記事

TRIUMPHという価値「魅惑する900㏄パラレルツイン」 【’80sバイク熱狂時代】バイク技術の進化と淘汰の歴史を見る:前編 千葉テレビの「週刊バイクTV」がリニューアルでMCを一新 ダイネーゼが先着100人の無料でクリーニングサービスを提供 【モーサイチャンネル】東京モーターサイクルショー2018 ヤマハNEWモデルインタビュー&紹介! スマホケースがホルダーになる、クアッドロックにステムマウントとUSBチャージャーが登場
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP