ニューモデル

トライアンフがカフェレーサーモデル、新型スラクストンRSを発表

トライアンフモーターサイクルズジャパンは11月6日、新型スラクストンRSを2020年3月に発売すると発表した。

スラクストンは同社のモダンクラシックシリーズにラインアップされるカフェレーサーモデル。このRSは先代モデルから6kgの軽量化を果たし、さらに105馬力/112Nmを発揮し、慣性を20%低減させたことで応答性を高めた1200cc並列2気筒OHCエンジンを搭載。レッドゾーンも先代よりも500回転アップされている。

この高出力化に合わせ、ブレンボのM50ラジアルモノブロックキャリパーや320mm径ブレンボ製ツインフローティングディスク&マスターシリンダー、ショーワ製アジャスタブルビッグピストンフォーク、フルアジャスタブルのオーリンズ製ツインリヤショック、メッツラーレーステックRRハイグリップタイヤなどを採用する。

スポーツ/ロード/レインの3種類のライダーモードを持ち、ABSやライド・バイ・ワイヤ、切り替え可能なトラクションコントロールシステムも搭載。メーターにはライダーモードやギヤポジション、燃費、走行可能距離なども表示できる。

外観では、新ブラックパウダーコートのエンジンカバーやカムカバー、スプロケットカバーフィニッシュを採用。ヒールガードと一体化されたサイドパネルとスプロケットカバーや、プレミアムアルマイト加工のホイール、モンツァキャップなども装備している。

カラーはマットストームグレー×マットシルバーアイスとジェットブラックの2色を用意。価格は192万500円となっている。

●マットストームグレー×マットシルバーアイス

●ジェットブラック

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:97.6×80.0mm 総排気量:1200㎤ 最高出力:77kW〈105ps〉/7500rpm 最大トルク:112Nm〈11.4kgm〉/4250rpm 燃料タンク容量:14L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:── 全幅:745 全高:1030 ホイールベース:1415 シート高:810(各㎜) 重量:197kg タイヤサイズ:Ⓕ120/70ZR17 Ⓡ160/60ZR17

CONTACT

問い合わせ先トライアンフコール
電話番号03-6809-5233
URLhttps://www.triumphmotorcycles.jp

関連記事

  1. スマホ連携機能搭載&デザイン刷新! カワサキZ650の2020年…
  2. ヘッドライトが超カッコよくなった!? ホンダ・レブル500がマイ…
  3. トライアンフが世界限定750台のカスタムモデル、ボバーTFCを発…
  4. 軽量コンパクトなベスパLX125 i-getの装備を充実
  5. ゴールドウイング ゴールドウイングツアー フラッグシップツアラー、ゴールドウイングが商品力をアップ
  6. 最新電動スクーターってどんな乗り味? XEAM  REET S/…
  7. オフロードを走れるハーレーが出たっ!「パンアメリカ」がヨーロッパ…
  8. ニンジャZX-10Rの2020年モデルを発表

おすすめ記事

ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る本気度【車体編】 こんな技術もあったのか!? 変革期、進歩過程で淘汰された「昭和に消えたバイク技術」 ライバルはゴールドウイング? インディアンがスポーティな新型クルーザー「チャレンジャー」を発表 【EVENT REPORT】’80年代バイクが大集合! 80’s Meeting 2019 【EVENT】「カワサキモーターサイクルフェアRE:WIND」でカワサキの歴史に触れる 【NEW ITEMS】クシタニから初夏に着たいメッシュジャケットが登場!!
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP