ニューモデル

トライアンフがカフェレーサーモデル、新型スラクストンRSを発表

トライアンフモーターサイクルズジャパンは11月6日、新型スラクストンRSを2020年3月に発売すると発表した。

スラクストンは同社のモダンクラシックシリーズにラインアップされるカフェレーサーモデル。このRSは先代モデルから6kgの軽量化を果たし、さらに105馬力/112Nmを発揮し、慣性を20%低減させたことで応答性を高めた1200cc並列2気筒OHCエンジンを搭載。レッドゾーンも先代よりも500回転アップされている。

この高出力化に合わせ、ブレンボのM50ラジアルモノブロックキャリパーや320mm径ブレンボ製ツインフローティングディスク&マスターシリンダー、ショーワ製アジャスタブルビッグピストンフォーク、フルアジャスタブルのオーリンズ製ツインリヤショック、メッツラーレーステックRRハイグリップタイヤなどを採用する。

スポーツ/ロード/レインの3種類のライダーモードを持ち、ABSやライド・バイ・ワイヤ、切り替え可能なトラクションコントロールシステムも搭載。メーターにはライダーモードやギヤポジション、燃費、走行可能距離なども表示できる。

外観では、新ブラックパウダーコートのエンジンカバーやカムカバー、スプロケットカバーフィニッシュを採用。ヒールガードと一体化されたサイドパネルとスプロケットカバーや、プレミアムアルマイト加工のホイール、モンツァキャップなども装備している。

カラーはマットストームグレー×マットシルバーアイスとジェットブラックの2色を用意。価格は192万500円となっている。

●マットストームグレー×マットシルバーアイス

●ジェットブラック

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:97.6×80.0mm 総排気量:1200㎤ 最高出力:77kW〈105ps〉/7500rpm 最大トルク:112Nm〈11.4kgm〉/4250rpm 燃料タンク容量:14L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:── 全幅:745 全高:1030 ホイールベース:1415 シート高:810(各㎜) 重量:197kg タイヤサイズ:Ⓕ120/70ZR17 Ⓡ160/60ZR17

CONTACT

問い合わせ先トライアンフコール
電話番号03-6809-5233
URLhttps://www.triumphmotorcycles.jp

関連記事

  1. 【NEW MODEL】マットモーターサイクルズからニューモデル4…
  2. イタリアのファンティックがキャバレロの50周年記念モデルをミラノ…
  3. オフロードを走れるハーレーが出たっ!「パンアメリカ」がヨーロッパ…
  4. エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー
  5. まるでスクーター版コンパクトSUV! ホンダADV150が202…
  6. ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る…
  7. 新型1290スーパーデュークRがミラノショーに登場
  8. ニンジャZX-10Rの2020年モデルを発表

おすすめ記事

富士スピードウェイを愛車で疾走のチャンス!申込み締切りまで後少し! 【新刊情報】MCクラシック08号11月29日発売!! ADV150 【ホンダADV150試乗】その90%が新設計! PCXの「着せ替え」ではない、ヘビーデューティー・スクーター ゆるキャン△ファン必見! なでしこ&りんちゃん柄ネクタイとリンちゃんのヘルメットピンズが予約受付中! 道路のゼブラゾーンって入っちゃいけないの? というか、そもそも何のためにあるの? マンネリ化した箱根ツーリングに新提案 いま、KYMCOバギーがアツいっ!!
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP