ニューモデル

ミラノショーで全面改良されたVストローム1050を発表

スズキは日本時間の11月6日、イタリアで11月5日から10日まで開催されているEICMA2019(ミラノショー)で、新型となるVストローム1050と同XTを発表した。

新型は、Vストロームの特徴であり、名車DR750Sを思い起こさせるくちばし状のフロントデザインを踏襲しつつ、ヘッドライト形状を角形とすることでイメージを刷新。スタンダードは3段階、XTは11段階で高さを調整可能なウインドスクリーンや、アルミ製テーパー形状のハンドルなどと共に、アドベンチャーツアラーらしい力強さをより強調したスタイルとなった。

エンジンは1037cc水冷4ストロークV型2気筒ユニットで、最高出力は現行Vストローム1000比で8馬力アップの107馬力を発揮(最大トルクは100Nmで同値)しつつ、欧州で2020年1月から導入される排ガス規制「ユーロ5」に対応させている。

出力特性を3タイプから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)や3段階に設定できるトラクションコントロールなど、走行シーンに合わせて選べるS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)などの電制御システムを新搭載。さらに、スポークホイールやナックルカバー、アルミ製アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンドなどを採用するVストローム1050XTには、クルーズコントロールや上り坂で停止後の発進時に車両の後退を抑制するヒルホールドコントロール、下り勾配に応じてブレーキを制御するスロープディペンデントコントロール、車両の荷重状態に応じて制動力を補正するロードディペンデントコントロールなども搭載している。

カラーはスズキらしいイエロー、シックなブラックの他、1988年のパリ・ダカールラリーに出場したDR-Zを彷彿させる特別色をまとった「ヘリテージスペシャル」もラインアップ。登場は2020年初頭で、欧州や北米を中心に販売する計画だという。

●Vストローム1050

●Vストローム1050XT ヘリテージスペシャル

Vストローム1050諸元[ ]内はXT
【エンジン・性能】
種類:水冷4ストロークV型2気筒 総排気量:1037㎤ 最高出力:79kW<107ps>/8500rpm 最大トルク:100Nm<10.2kgm>/6000rpm
【寸法・重量】
全長:2265 全幅:870[940] 全高:1515[1465] ホイールベース:1555(各㎜) 車両重量:236[247]kg

CONTACT

問い合わせ先スズキ
URLhttp://www1.suzuki.co.jp/motor/

関連記事

  1. 35年の歴史に幕 ヤマハ・セローの国内生産・販売が2020年で終…
  2. オフロードを走れるハーレーが出たっ!「パンアメリカ」がヨーロッパ…
  3. エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー
  4. ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」をヨーロッパで発表
  5. KTMジャパンがフリーライド250Fの2020年モデルを発表
  6. プジョー ジャンゴアリュールに150ccモデルを追加
  7. 台湾のバイクメーカー・SYMが日本に再上陸 サイン・ハウスが20…
  8. ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る…

おすすめ記事

【NEWS】ホンダのモータースポーツファン感謝デーで 「鈴鹿8耐トワイライトデモラン」を実施 意外と知らない!? オドメーターの「オド」って何のこと? SHOEIのツーリングヘルメット、GTエアーIIに黒を基調とする新色が登場 本日発売! モーターサイクリスト18年9月号 手持ちのウエアを最大2万円で下取るハーレーの買い替えキャンペーン 人気車からレア車(?)まで 編集部員が「手放したくない!」と思うバイクたち(後編)
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP