新車

【6月27日発売】ホンダ スーパーカブ50にブルーのニューカラー登場!一部装備のカラーリングも変更

スーパーカブ 50 ホンダ 2022

マフラーカバーとキャリヤは黒くなった!

ホンダ スーパーカブ50に新たな車体色が追加され、2022年6月27日に発売となります。

今回追加される新色はグリントンウェーブメタリック。
バージンベージュ、タスマニアグリーンメタリックは継続されますが、パールシャイニングイエロー、アーベインデニムブラックはラインアップから外れました。
また各カラーとも、マフラープロテクターがブラック仕上げとなったほか、新型スーパーカブ110同様にリヤキャリヤがブラック仕上げに。
価格は24万7500円となっています。

ホンダ スーパーカブ50主要諸元

[エンジン・性能]
種類:空冷4サイクル単気筒OHC2バルブ ボア×ストローク:37.8mm×44.0mm 総排気量:49cc 最高出力:2.7kW<3.7ps>/7500rpm 最大トルク:3.8Nm<0.39kgm>/5500rpm 燃料タンク容量:4.3L 変速機:4段リターン(停車時のみロータリー)
[寸法・重量]
全長:1860 全幅:695 全高:1040 ホイールベース:1210 シート高:735(各mm) 車両重量:96kg タイヤサイズ:F60/100-17 R60/100-17
[車体色]
グリントンウェーブメタリック、バージンベージュ、タスマニアグリーンメタリック
[価格]
24万7500円

スーパーカブ50・バージンベージュ
スーパーカブ50・タスマニアグリーンメタリック
スーパーカブ 50 ホンダ 2022
スーパーカブ50・グリントンウェーブメタリック

スーパーカブ50プロもマフラーカバーが黒に

取り回しやすい前後14インチのホイール、大型フロントバスケット、大型リヤキャリヤ、強化型サイドスタンドなどを装備した配達業務向けのスーパーカブ50プロもマフラーカバーを黒に変更。

車体色自体はセイシェルナイトブルー1色であるのは変わらず、性能面の変更もありません。価格は26万9500円となっています。

スーパーカブ50プロ・セイシェルナイトブルー

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●ホンダ

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

ホンダ・ゴールドウイングが17年ぶりにフルモデルチェンジ 中免は名前が変わり、AT限定もある! 令和時代の二輪免許&乗れるバイクの種類を解説 【ライディングデニムは賢く選ぶ】人気の定番ストレッチジーンズにブラック新登場。ライズRDB1002 ストレッチジーンズ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP