新車

【6月27日発売】ホンダ クロスカブ50の車体色ラインアップが一新! 110と同じグリーンとグレーが登場

2022年のクロスカブ50はダークなグリーンとグレーの2カラーに

ホンダ クロスカブ50の車体色ラインアップが一新され、2022年6月27日に発売となります。
従来まではミリタリー調のグリーンとホワイトの2種類でしたが、2022年モデルではマット調の濃いグリーンとグレーの2種類に。
また、マフラーカバーがブラックに変更されましたが、アウトドアイメージのクロスカブには従来までのメッキ仕上げより似合っているかもしれません。

2022年モデルで登場のニューカラー「マットアーマードグリーン」
2022年モデルで登場のニューカラー「パールディープマッドグレー」

くまモンバージョンは継続販売!

これまでもラインアップにあった「くまモンバージョン」も引き続き販売されますが、スタンダードモデルと同様、マフラーカバーがブラックに変更されています。

2022年モデルのクロスカブ50くまモンバージョン。車体色は従来と変わらないが、スタンダード同様にマフラーカバーがブラックに変更されている

価格はスタンダードが30万8000円、くまモンバージョンが31万9000円となっています。

ホンダ クロスカブ50主要諸元

[エンジン・性能]
種類:空冷4サイクル単気筒OHC2バルブ ボア×ストローク:37.8mm×44.0mm 総排気量:49cc 最高出力:2.7kW<3.7ps>/7500rpm 最大トルク:3.8Nm<0.39kgm>/5500rpm 燃料タンク容量:4.3L 変速機:4段リターン(停車時のみロータリー)
[寸法・重量]
全長:1840 全幅:720 全高:1050 ホイールベース:1225 シート高:740(各mm) 車両重量:100kg タイヤサイズ:F70/100-14 R80/100-14
[車体色]
マットアーマードグリーンメタリック、パールディープマッドグレー、グラファイトブラック(くまモンバージョン)
[価格]
30万8000円(スタンダード)
31万9000円(くまモンバージョン)

まとめ●上野茂岐 写真●ホンダ

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEW MODELS】TRIUMPH THRUXTON 1200 R クラシカルなニューカラー登場 白バイ隊員って仕事中はずーっと走っているの? 意外と知らない「隊員の日常」とは 付けているだけで違反!! 「天ぷらナンバープレート」を知っている? 気になる語源も解説

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション