新車

【6月27日発売】ホンダ クロスカブ50の車体色ラインアップが一新! 110と同じグリーンとグレーが登場

2022年のクロスカブ50はダークなグリーンとグレーの2カラーに

ホンダ クロスカブ50の車体色ラインアップが一新され、2022年6月27日に発売となります。
従来まではミリタリー調のグリーンとホワイトの2種類でしたが、2022年モデルではマット調の濃いグリーンとグレーの2種類に。
また、マフラーカバーがブラックに変更されましたが、アウトドアイメージのクロスカブには従来までのメッキ仕上げより似合っているかもしれません。

2022年モデルで登場のニューカラー「マットアーマードグリーン」
2022年モデルで登場のニューカラー「パールディープマッドグレー」

くまモンバージョンは継続販売!

これまでもラインアップにあった「くまモンバージョン」も引き続き販売されますが、スタンダードモデルと同様、マフラーカバーがブラックに変更されています。

2022年モデルのクロスカブ50くまモンバージョン。車体色は従来と変わらないが、スタンダード同様にマフラーカバーがブラックに変更されている

価格はスタンダードが30万8000円、くまモンバージョンが31万9000円となっています。

ホンダ クロスカブ50主要諸元

[エンジン・性能]
種類:空冷4サイクル単気筒OHC2バルブ ボア×ストローク:37.8mm×44.0mm 総排気量:49cc 最高出力:2.7kW<3.7ps>/7500rpm 最大トルク:3.8Nm<0.39kgm>/5500rpm 燃料タンク容量:4.3L 変速機:4段リターン(停車時のみロータリー)
[寸法・重量]
全長:1840 全幅:720 全高:1050 ホイールベース:1225 シート高:740(各mm) 車両重量:100kg タイヤサイズ:F70/100-14 R80/100-14
[車体色]
マットアーマードグリーンメタリック、パールディープマッドグレー、グラファイトブラック(くまモンバージョン)
[価格]
30万8000円(スタンダード)
31万9000円(くまモンバージョン)

まとめ●上野茂岐 写真●ホンダ

  1. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  2. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  3. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  4. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  5. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  6. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

ハスクバーナ・モーターサイクルズ越谷が12月9日にオープン! 通勤に最強の乗り物は軽自動車? 原付? 運用コストやメリット・デメリットを超ガチに比べてみた GPZ900R 試作車 カワサキ カワサキ GPZ900R誕生秘話【エンジン編】「水冷並列4気筒、4バルブで行く。コンパクトさも追求する」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP