新車

2020年モデル 新型KTM 1290スーパーデュークR試乗 「過激かつ扱いやすい180馬力」という二面性!

1290スーパーデュークR:歴代モデルがビーストと呼ばれ続けるスポーツネイキッド

KTM1290スーパーデュークRは、ビースト=野獣というニックネームとは裏腹に、抜群に完成度の高いスポーツネイキッドモデルであった。それ以前の990スーパーデュークRが、「スーパー」と付くほどじゃじゃ馬マシンであったから余計にそう感じた……わけではなく、「1290」になってからKTMのロード向けモデルが大きな転換期を迎えた、と感じたからだ(「1290スーパーデュークR」としては、2013年モデルで初代がデビュー)。
キーポイントは、ライディングポジションの適正化、そしてエンジンの特性にあり、特にアクセル開け始めのスムーズさと低回転域でのギクシャク感が低減された。それに加え、低荷重時におけるサスペンションの設定変更などを行い、乗りやすさの面で大きなステップアップを遂げたのである。

その後、2017年モデルで大幅熟成のモデルチェンジが行われたが、最新モデルである2020年モデルの1290スーパーデュークRではさらに大きなステップアップを実現した。デザイン面は従来型(2017〜2019年モデル)から大きく変わっていないが、実はかなりのパートが新設計されているのだ。

2020年KTM 1290スーパーデュークR(1301cc、水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒)。日本での発売予定時期は4月で、価格は217万9000円

レイン、ストリート、スポーツ、トラックの4種のライディングモードを搭載。クルーズコントロールも付いている。

1301cc「LC8エンジン」の強烈なパワーとトルク!

1290スーパーデュークRの国際試乗会はネイキッドモデルにもかかわらずポルトガル・ポルティマオサーキットで開催。同車のスポーツ性能が半端なものではないというKTMの自信だろう

午前中がサーキットでのテスト。会場のポルティマオは欧州屈指の難コース。そこを10分のインターバルで20分×6本と、うれしいようなつらいような設定だった。
まずは強烈なトルクに、脳みそがいきなりパンチを食らわせられた。エンジンのパワフルさは相変わらずであり、ストレートエンドではメーター読み275km/hオーバーを記録。1301ccもあるツインエンジンがこんなに軽々と回るのも驚異的であるが、通常2速を選択しがちなコーナーを余裕で3速を使って回っていくフレキシブルさも魅力だ。

そして、エンジン搭載位置の適正化と共に軽量化が功を奏していて、ハンドリングの軽快さや運動性も明らかに高まっている。フレームは従来比で3倍もの剛性を持つという。よりカッチリした無駄のない動きで、狙ったラインをトレースしていく。リヤサスペンションはリンク式へと変更され、しなやかさとフィードバック性が高まった。

大幅に剛性アップされた車体周りであるが(KTMがかつて販売していたスーパースポーツRC8R以上の剛性を持っているという)、硬さやフィードバックの低減といったネガは感じられない。フレーム単体で2kgの軽量化も行われている
サスペンションは前後ともWP製。リヤショックはリンク化されたこともあり、接地感もよりつかみやすくなっている

ツーリングも余裕でこなせる1290スーパーデュークR

1301ccで180馬力という大排気量のツインエンジンながら、嫌な振動やノイズのないスムーズさが保たれており、ツーリングにも○

もちろん、このようなハイスピードコースでは剛性アップによる硬さを感じるようなこともなく、スーパースポーツ的なエッセンスを注入してスポーツ性をアップグレードしているのだと思われた。しかし、一般公道の走行ではそれがどう出るか?という懸念もあったのだが、ワインディングを走らせてみると神経質さのあるフィードバックは全く感じられなかったのだ。

むしろフレンドリーな印象で、柔軟な車体や電子制御系のアップデートなどで、トータルバランスはさらに高まっていた。ビースト=野獣というニックネームやスペックからは、その優しさは想像できない。まるで映画の怪物シュレックのようなマシンであったのだ。

欧州では2種類カラーバリエーションが用意されるが、日本ではブラック(右)のみの導入予定。
シート高はやや高めで身長165㎝の筆者だと両つま先がやっと接地する程度。前傾がやや強めなのはハイパワーに対応するためだろう。ワイド気味のハンドルバーで上半身をスッとタンクに伏せやすいポジションだ。ステップ位置はスタンダードでも2段階の調整式となっており、窮屈でないポジションも選択可能。

新型1290スーパーデュークRのフェイバリット&リクエスト

フェイバリット:1300㏄とは思えないスムーズさと、分厚いが扱いやすいトルクを持ち、それでいて軽快に高回転域まで回るエンジンがいい。トラクションコントロールやABSの電子制御の完成度と、剛性を上げつつもフレンドリーな車体がうまく組み合わさり、サーキットでの熱い走りと公道でのフレンドリーさが素晴らしい。何より楽しいマシン作りが徹底されている。

リクエスト:以前のスーパースポーツモデルRC8Rと比べても車体剛性は高いとのことで、スーパーデュークRをベースとしたカウル付きのスポーツモデルも見てみたい。OEMタイヤのブリヂストン製S22は公道からサーキットまで十分なグリップ性能とオールラウンド性を持つが、もう1ランクグリップ力の高いタイヤでも良かったかもしれない。また。シフトストロークが大きめでタッチが少し粗いのは改善を望みたい。

欧州の最新排ガス規制・ユーロ5に適応させた上で、最高出力180馬力(従来型は177馬力)まで高められた1301cc水冷V型2気筒DOHC4バルブの「LC8」エンジン

シリンダーヘッド、ピストン、クランクシャフトなど、従来型から刷新された部分は多岐にわたり、エンジン単体で1kgの軽量化も行われている

豊かなトルクはそのままに、しっかりと高回転までパワフルに吹け上がる。最高出力は180馬力/9500回転。最大トルクは14.2kgm/9500回転

OEMタイヤはブリヂストンのハイグリップスポーツタイヤ「バトラックス ハイパースポーツS22」

試乗レポート●鈴木大五郎 写真●KTM 編集●上野茂岐

KTM 1290スーパーデュークR 諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4ストロークV型2気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:108×71mm 圧縮比:13.5 総排気量:1,301cc 最高出力:132kW<180ps>/9500rpm 最大トルク:140Nm<14.2kgfm>/8000rpm 燃料タンク容量:16L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:1497 シート高:835(各mm) 車両重量:198kg タイヤサイズ:前120/70ZR17 後200/55ZR17 ※数値は欧州仕様
【価格】217万9000円

CONTACT

問い合わせ先KTMジャパン
電話番号03-3527-8885
URLhttps://www.ktm.com/jp/

 

いま見ても衝撃のスタイル! 2000年代に登場した唯一無二のスーパースポーツ、KTM 1190 RC8を解説!

おすすめ記事

ときひろみさんフォトブック「Tour」の発売記念サイン会を実施 【NEW ITEMS】FIVE WFX2 WP 新色Black Fluo Yellow追加 【試乗速報 前編】ホンダ CBR1000RR-RファイアブレードSP日本仕様「218馬力を受けとめる車体に真価あり」 ビギナーからベテランまで! ブリヂストン後援のサーキット走行会が2020年も開催 「ファミリー層に実物のバイクに触れてほしい」ヤマハ発動機が二子玉川 蔦屋家電に限定ショールームをオープン 【NEW ITEMS】ARAI VZ-RAM
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
  1. Z650 ザッパー
PAGE TOP