雑ネタ

「バイクが持つ災害救助の可能性」ライダーボランティアや救助専用車の活動に注目!

二輪メーカーも災害救助用車両を提案

各二輪車メーカーも災害地の救援活動を想定した車両の開発に力を入れています。

2019年10月1日から4日に東京都江東区の東京ビッグサイトで行われた「危機管理産業展」では、ヤマハのブースに災害救援活動二輪車が2車展示されました。
オフロード車のセロー250をベースとした車両と、フロント2輪が特徴のスクーター・トリシティ125/155をベースと車両です。

セロー250をベースとした災害救助二輪車。日本赤十字社の「バイク救護隊」の車両など、既に採用例もある。

セロー250がベースになったものは、既に災害救援活動二輪車として日本赤十字社などで採用されて活躍しています。次のイラストは、実際の活用シーンをイメージして描かれたものです。

専用装備として拡声器などを備え、避難の誘導に活用することもできる。
専用のパニアケースに医薬品などを入れ、素早く届けることができる。

開発が進む3輪スクーター・トリシティ125/155ベースの車両

フロント2輪が特徴のスクーター・トリシティ125/155をベースとした災害救助用車両。

一方、トリシティ125/155をベース車両としたものはまだ開発段階ですが、大型キャリヤ、サイレン&スピーカー、補助電源&バッテリーなどの防災専用アイテムを備えた仕様。悪路の走行を想定しているのでしょう、タイヤもセミブロックパターンに。
フロント2輪ならではの安定感・走破性を生かし、いち早く現場情報を収集するための移動手段、救援物資の運搬など、災害初動活動に活躍が見込まれます。

「有事の際に、より乗る人を選ばない災害救援活動二輪車を」との思いからスクータータイプの開発に踏み切ったとのことで、次のイラストのような活用が想定されています。

セロー250ベースの車両を上回る積載能力を活かし、工具や器具などを大量に運搬できる。
専用設計のマルチ大型キャリヤの最大積載量は20kg以上なので、ドローンの「移動基地」としても活用できる。

キャリヤは十分な耐荷重があり、使用目的によって装備の交換も可能。
たとえば、ドローンなどの精密機器を運ぶための専用ケースをオプション装備として用意して、迅速に空から被害状況を確認するというような使い方も考えられています。
また給電設備も搭載されていて、ドローンなどの機器の充電に役立てるほか、被災者にとってライフラインとなるスマホなどへの電源供給ベースとしての活用も想定されています。


主にひとり乗りであることから、「バイクは孤独な乗り物」と言われることもあります。しかし、公道を走る以上ライダーも間違いなく社会の一員。
「大規模災害が起きたときに、バイクやライダーにどんなことができるか?」
便利な日常の移動手段、ツーリングやサーキット走行などをする趣味の乗り物としてだけでなく、「災害救助のツール」という可能性にも目を向けてみませんか。

まとめ●モーサイ編集部・中牟田 写真●千葉RB/ヤマハ

◎次のページへ
1

2

おすすめ記事

ホンダのファン感謝イベントが熊本で開催! 10月12日(土)はホンダホームカミングに参加しよう! 【’80sバイク熱狂時代】今年もアツかった!! 今も変わらず人を惹き付ける「鈴鹿8耐」の熱狂は80年代から始まった 【リコール情報】トライアンフ。スピードツインにリザーバーホースがマフラーの熱により損傷する恐れ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. BMW R18
  1. BMW R18
PAGE TOP