【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第9話:人気の秘密はどこにある? レブル250君とニダボ君 

スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルを中心に、維持費のリーズナブルさやだれでも気軽に乗れる車格も手伝って、エントリーユーザーからベテランライダーまで、幅広い層からに好まれている250ccクラス。
「そんなニーゴー(250cc)モデルを中心に、各社のバイクたちに意識があったら……」そんな“if”のお話。今回は(2020年5月現在)国産250ccクラスで唯一新車購入可能なクルーザーのレブル250君のお話。
作:もるん(@MOLN2RNG

前回のお話はコチラ

ほかの話を見る



ホンダ レブル250(2020)
2017年4月17日に登場したレブル250。シンプルでクールなスタイルは老若男女問わず幅広い層から支持されている。2020年のマイナーチェンジで、4灯ヘッドライトやギヤポジションインジケーターが採用され、純正アクセサリーをパッケージ装着した「S Edition」も登場。価格は59万9500円(S Editionは63万8000円)。

※次回は6月19日(金)の正午に更新予定です。

ほかの話を見る

おすすめ記事

中古二輪車スペシャリストが選ぶ! いまなお高人気の平成生まれ7モデル まだまだある、新型のこだわり YZF-R25開発陣インタビュー(後編)&純正アクセサリー紹介! ニンジャZX-10Rの2020年モデルを発表 【東京オートサロン2019】会場の可憐なる華、コンパニオン特集! その2 【NEW ITEMS】YAMAHA BIKINI COWL HONDAとYAMAHA オフロード競技車の2019年モデルが受注開始
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
  1. Z650 ザッパー
PAGE TOP