ウエア

アウトドアを感じさせるグラフィックが魅力 フラッグシップ「イノベーティブストレッチ レインスーツ」

防水性を持つライディングウエアも増えているが、レインウエアを持参するライダーは多い。
やはり専用に作られたレインウエアの防水性・機能性は高いし、雨が上がった後も着続けることを考えれば、ライディングウエアを濡らさないにこしたことはないからだ。

動きやすいよう大きめのレインウエアを着ると走行風でウエアがバタつくことが多いが、伸縮性に優れるこのイノベーティブストレッチレインスーツなら最適なサイズを選ぶことができる。上腕部には袖のバタつきを防ぐためのフラップアジャスター、背中にはウエア内に入った走行風を逃がすエアベンチレーションも備わる。

フラッグシップの「イノベーティブストレッチレインスーツ」は、伸縮素材により着用時の動きにくさを軽減するなど、ライダーの使い勝手や快適性を高めた注目のレインウエアだ。
ウエア内の蒸れも抑制し、2万mmの耐水圧と1万㎏/㎡・24Hの優れた防水性をもつを持つ防水透湿3レイヤー生地を採用。
この透湿生地を使用しているので蒸れ防止のメッシュの裏地は備えておらず、その分、脱ぎ着するときにジャケットのソデやライディングシューズなどが引っ掛かりにくくなっている。

特に高速道路などを走行中は生地に掛かる水圧が高くなるため、ライダー用のレインウエアには1万mm程度の耐水圧が必要とされている。その点、このレインスーツは2万mmの耐水圧を持つので安心だ。十分な透湿性も確保しているので、「雨は防いだが自分の汗でウエア内が蒸れて体が濡れてしまう……」なんて心配もない。

蒸れ防止のためにメッシュの裏地を使うレインウエアは多いが、このレインスーツは滑りのいい素材が使われているので脱ぎ着がしやすく、雨のときは素早く着込むことが可能。生地の合わせ目には防水性確保に欠かせないシームテープを採用して雨の浸入を防止する。背中のエアアウトレットにはウエア内の熱気を排出する役目。

レインウエアというと単色やツートーンカラーのシンプルなものが一般的。
しかしこのレインスーツは、まるでアウトドアウエアのようなカモフラージュ柄や幾何学模様を採用。着たまま街を歩いても違和感のないデザイン性の高さもこのウエアの特徴である。
レインウエアの性能を妥協するのは、安全性を損なうことに直結する。その点このイノベーティブストレッチレインスーツは、安心して選べる1着といえそうだ。

価格は1万5180円で、サイズはS、M、L、LL、3L、4L、色はライトストリーク、レッドテクスチャー、ブラッシュブルーの3色。2020年5月末発売予定。

フロントファスナー前には、折り返しのある二重フラップを採用して雨の浸入を防止。このフラップとパンツ裾部のアジャスター、両脇のポケットのカバーなどはグローブを付けたままでも使いやすいようになっている。裾と着脱可能なフード、パンツのウエストにはドローコードも装備する。

CONTACT

問い合わせ先フラッグシップ
電話番号048-762-1021
URLhttps://flag-ship.co.jp/

 

おすすめ記事

ホンダとスズキが「webで楽しむモーターサイクルショー」を3月27日から公開 ナイトロンがPCX用のリヤツインショックアブソーバーを追加 軽量で柔軟性に優れるアルパインスターズの新型ウインターグローブが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ZX-25R バリオス
  1. ZX-25R バリオス
PAGE TOP