ウエア

【快適ライディングウエア探求】基本を押さえた堅実なモデル フラッグシップのURBAN RIDE MESH JACKET

メッシュジャケットに求められる性能とは、とにかく涼しいことである。
時に40度C以上の猛暑を記録する、日本の夏を熱のこもるウエアで走れば、それだけで命の危険が伴うからだ。その点、フラッグシップのアーバンライドメッシュジャケットはかなりハイレベルな製品と言えるだろう。
極めてシンプルな構造で無駄な重さを感じさせず、かつジャケット全体が風を通すフルメッシュ仕様なので、抜群の冷却性能を誇り着心地も軽快だ。袖を取り外すことも可能で、バイクを降りている間も半袖の上着として羽織っていられる。

両袖はファスナーにより脱着可能。プロテクター入りの袖を外せば降車時はより快適な着心地だ。

さらにうれしいのは肩・肘にハードプロテクターを標準搭載している点だ。生地の目が荒いメッシュジャケットは安全性に不安が残るものだが、別売りの頑強なプロテクターをわざわざ用意しなくとも既に高い防護性能が与えられている。ソフトタイプの脊椎プロテクターも同梱されているので、税込みでも2万円を下回るこのジャケットを買うだけで夏の快適・安全な上着選びは完結する。

充実のプロテクター群を標準搭載。肩・肘プロテクターは樹脂製の外殻がソフトパッドにフローティングで縫われており、耐衝撃性も抜群。胸部プロテクター用ポケットも用意する

フラッグシップの大型ロゴを備えたライディングジャケットらしいデザインに、涼しく安全で使いやすい仕様の組み合わせ。必要な機能を漏らさず余計なものを廃した作り込みは、走りの道具としての真骨頂を発揮している。

カラーバリエーションはホワイト×ブラック、ブラック×ホワイト、ブラック×レッド、ブラック×オレンジ、ブラック×グリーン、ブラック×ブルー、ブラック×ピンの6種類もそろえているため、自分の愛車とコーディネートできるものが必ず見付かるだろう。価格は1万9250円で、サイズはS、M、L、LL、3L、4L、LWの7種類

CONTACT

問い合わせ先フラッグシップ
URLhttps://flag-ship.co.jp

おすすめ記事

ときひろみの「私に乗せなさい!」HONDA CB1100EX(前編) R1200GSのヘッドライトをLEDに換装するキットが登場 アドベンチャーモデルとの抜群の相性を見せる、ラパイドネオの新カラーに注目
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
  1. VT250
PAGE TOP