ウエア

【快適ライディングウエア探求】レザースーツの安全性と日常の使いやすさが融合!  エルフ・スポーツレザージャケット&スポーツレザーパンツ

革ツナギ=レーシングスーツは高い安全性とライディング時の動きやすさを備えた「走りに最適なウエア」だ。しかし構造的に見てもサーキット走行に特化した道具なので、ツーリング時に着ていこうとはあまり思わないだろう。

しかし我々ライダーは欲張りだ。あの走りやすさとツーリングでも不足なく使える利便性が両立しないものか……。なんて悩みを解決してくれるのが、上下に分かれたレザーウエア。特にこのエルフからリリースされた「スポーツレザージャケット」と「スポーツレザーパンツ」は、公道を走る者への心配りが豊富に盛り込まれている。

エルフらしい大判のメッセージは革への刺しゅうで施されている。

まず採用されている革が非常にしなやかなカウレザーであるため、ガチガチなハードさとは無縁な仕上がりとなっている。
さらにパターンはライディング時の体勢のみを前提としたものではなく降車時の姿勢も考慮した自然な形であるため、柔らかい革質と相まって着用したまま食事やトイレなどを違和感なく行えるのだ。

きめ細やかで上質なカウレザーは皮革製品としての気品も漂わせる。

また、全身の関節部分に配置されたケブラーニットやシャーリング加工によって、乗車時の高い快適性も確保している。スポーティなバイクにまたがって膝を曲げようが前傾姿勢を取ろうが、革が突っ張って苦しくなるような不快感は一切ない。
防護性能を残しながら街乗りにも対応する汎用的な機能のまとめ方は、正しく見事と言うほかない。

シャーリングは膝上と腰周りに、ケブラーニットは肩周りと膝裏からふくらはぎ、そして股周りに配置されており、関節の可動へ極力負担をかけない。特に膝裏のケブラーニットのおかげで、膝を曲げても折り畳まれてエッジの立った革が体へ当たる不快さがない。

ジャケットとパンツは腰部分のファスナーで連結可能。これによりウエアが体に密着するような一体感が増し、よりライディングに集中できる。

 

スポーツレザージャケット
価格:6万3800円
サイズ:M、L、LL、3L
カラー:レッド、ブルー、ブラック

スポーツレザーパンツ
価格:4万9500円
サイズ:M、L、LL、3L、M/LL(※)、L/3L(※) ※はワイドサイズ
カラー:ブラック

CONTACT

問い合わせ先フラッグシップ
URLhttps://flag-ship.co.jp

おすすめ記事

【おとなの信州探訪】非日常の佳景を求めて信州ツーリングへ:後編 新潟県と神奈川県にカワサキプラザがオープン! 【東京モーターショー速報】スズキの最新油冷モデル、ジクサーSF250/ジクサー250が日本初公開!! スポーティだけじゃない!ALPINESTARSの冬用ジャケットで今年の冬は快適に 【NEWS】6月に開催されるトライアル世界選手権の冠スポンサーがストライダーに決定 千葉テレビの「週刊バイクTV」がリニューアルでMCを一新
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ストリートトリプルS トライアンフ
  1. ストリートトリプルS トライアンフ
PAGE TOP