新製品

【NEW ITEMS】安全性とファッション性の化学反応!?イタリア製バイクウェアが日本上陸

バイクに乗る時の最優先課題、それは「安全でオシャレにバイクに乗ること」だというライダーは少なくないだろう。
現在出まわっているバイクウェアにも、安全性とファッション性の両方が高い次元でバランスしているカジュアルバイクウェアも増えている。しかし、カジュアルバイクウェアを着こなしたいと考えているライダーが多いこともあり、なかなか周囲との差別化を図ることが難しくなっているのも確かだ。

そこで今回は「他のライダーと差別化を図れるウェアを着たい」と考えているライダーにうってつけといえる、イタリアのデニムブランドPMJ(PROmo jeans)の新アイテムをご紹介しよう。

同ブランドのアイテムはファッション性と機能性の両立を最大の特長としており、そのクオリティには目を見張るものがある。
他のライダーにも一目置かれるバイクウェアを身に着けたいというライダーは必見といえるだろう。
 

戦車にも使われている繊維で作られるウェア

PMJというブランドは、イタリアンデニムの聖地デニム・バレーで生み出される良質なデニム生地を使い、30年に渡りデニムを仕立ててきた熟練した職人が開発したライディングデニムブランドだ。
デザインから製造工程にいたるまで全てがMADE IN ITALY
D&G、HUGO BOSS、Escada、Versaceなど世界の名だたるファッションブランドとコラボレーションをしたこともあり、そのファッション性は折り紙つきであると言える。

しかし、ファッション性だけが全てではない。
前述した通り、PMJの最大の特徴は「ファッション性と機能性の両立」
バイクウェアには欠かせないプロテクション性能も、CE規格をクリアしたKnox社製のバイク用CEプロテクターを装備と非常に充実している。

そして一番の特筆すべき点は、その素材だ。
PMJの多くの製品には、「トワロン」と言われるアラミド繊維が用いられている。
トワロンは「結束の強さ、優れた通気性、摩擦、切り裂きへの圧倒的な耐久強度」を持つ軽量な素材である。
驚くことにこのトワロン、繊維に加工を施されたものがなんと防弾ベストや防弾ガラス、さらには戦車にまで使われているという点だ。

PMJのデニムやジャケットには、このトワロンをデニム生地と組み合わせることでレザーの約2倍という驚異的な摩擦強度を持つ。
だが、あくまで膝や肩などの転倒した際に強い衝撃を受けるエリアに絞られてトワロンは使用されており、履き心地と通気性の確保を可能としている。

カジュアルでファッショナブルでありながらプロテウション効果も信頼できるのがPMJのアイテム群なのである。
 

PMJ ITEMS


(左)ダカール/カラー:ミッドブルー/価格:2万1600円(税込)
(中)レジェンド/カラー:ミッドブルー、グレー/価格:2万1600円(税込)
(右)シティ/カラー:ロウ/価格:2万520円(税込)
 


(左)ライダー/カラー:ミッドブルー/価格:1万6200円(税込)
(右)サンティアゴ/カラー:グレー、ブラウン/価格:2万520円(税込)
 


(左)スキニー(ウィメンズ)/カラー:ライトブルー/価格:1万7280円(税込)
(右)サンティアゴレディ(ウィメンズ)/カラー:グレー、ハバナ/価格:1万9440円(税込)
 


(左)ディストリクト/カラー:ブラック/価格:3万240円(税込)
(中)マイアミ/カラー:ミッドブルー/価格:2万4840円(税込)
(右)デニムシャツ/カラー:ミッドブルー/価格:5400円(税込)
 

●レジェンド 2万1600円(税込)


 

●シティ 2万520円(税込)


 

●マイアミ 2万4840円(税込)


 

●サンティアゴ 2万520円(税込)


 

●スキニー 1万7280円(税込)


 


 
いかがだったろう。
バイクウェアに必須のプロテクターが入っており、かつ非常に強靭な素材が用いられているため安全性の高いPMJのウェア。心惹かれたライダーも多いのではないだろうか?

発売は2019年6月11日から。ジャペックスオンラインショップにて行われる。

PMJ公式サイトでは今後も新製品の情報が続々と発信されるはずだ。あなたのお眼鏡に叶う逸品も見つかるかもしれない。
バイクウェアにお困りのライダーや、バイクウェアを新調しようとしているライダーにもオススメしたい製品だ。
是非チェックして欲しい。
 

CONTACT

ジャペックスオンラインショップ https://shop.japex.net
PMJ日本公式サイト https://www.japex.net/pmj/

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 冬のライディングの強い味方になるウインターグローブ3種をリリース…
  2. 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その5】"高通気性"グローブ(…
  3. 【NEW ITEMS】プロテックから「モンキー125/ABS」専…
  4. 【NEW ITEMS】KUSHITANI GARRISON BE…
  5. 【NEW ITEM】HYOD×ARAI RX-7X Grenad…
  6. 【NEW ITEM】Alpinestars SP-1 v2 LE…
  7. KUSHITANI 機能と気品を兼ね備えた高機動レザージャケット…
  8. 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その6】"高通気性"グローブ(…

旅に出よう!

おすすめ記事

4連覇を目指すヤマハチームの鈴鹿8耐イベント 【EVENT】オリジナルグッズをGET!! クシタニコーヒーブレイクミーティング2019!! 【北海道 vs 信州】バイク旅の2大巨塔を掘り下げる!(移動方法編) ツーリングで立ち寄りたい!全国夏グルメ16選! 【’80sバイク熱狂時代】進化が止まらなかった、’80〜90年代2サイクルマシン変遷史(後編) ホンダデザインの大転換 ~1968年から’69年にかけて起きたこととは?~ 【NEW MODELS】KAWASAKI Z900RS 19年モデルが登場! 【三輪】ジェット機姿の米国産トライク「PULSE SILVER BULLET」 【遙かなるグランプリへ2】無謀と言われた挑戦 ホンダがマン島TTを制するまで(後編) 【おとなの信州探訪】おいしくてハズレなし! こだわりの“おいしいお肉”に出会う長野旅
クシタニジャケットモニタープレゼント
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP