新製品

『モーターサイクリスト』10月号は9月1日発売!! 付録はオリジナルサコッシュ

2022年9月1日発売『モーターサイクリスト』10月号の付録は「オリジナル サコッシュ」。

財布やスマホなどがすっぽり入る本誌のオリジナルロゴ入りサコッシュです。バイクを降りてのお買い物や、キャンプ場でちょっとしたものを運ぶ際に使い勝手バツグン。 走行中はバタつきや落下防止のため、ライディングジャケットの中での装着を推奨。もちろんバイク以外でのお散歩やお買い物などにも、毎日使えちゃいます。容積は1.5L、耐荷重は1kgとなっています。

『モーターサイクリスト』10月号付録のオリジナルサコッシュ。
『モーターサイクリスト』2022年10月号の目次。

『モーターサイクリスト』2022年10月号の巻頭特集は「バイクとキャンプ」。
暑くもなく、寒くもなく……秋は絶好のバイクシーズンであり、キャンプの季節でもあります。クルマと比べると、気候や天候、積載量や服装など、なにかと制限の多いバイク。同じくキャンプも「不自由を楽しむ」遊びです。

そんな中でもなぜか感じられるのが「限りない自由」。10月号では、そんなキャンプツーリングを大特集。初心者でも参考になるお手軽ソロキャンプ術から、上級者も納得のテクニックまで、なぜかキャンプに出かけたくなるコンテンツを集めました!この秋はキャンプツーリングで忘れられない体験をしてみませんか?

巻頭特集「バイクとキャンプ」。ハスクバーナ ノーデン901とヤマハ XSR900でキャンプへ行き、快適なテントサイトの設営方法から、おすすめギアまで解説。
「キャンプ飯」のレシピも充実しています。

また10月号では、ミドルスポーツマシンのKTM RC390を速攻テスト。ほかにも、人気のホンダ GB350とロイヤルエンフィールド クラシック350を比較試乗。単気筒ネオレトロ系のガチライバルを多角的に検証しています。

フルモデルチェンジした2022年型KTM RC390を早速テスト。
単気筒ネオレトロ系のホンダ GB350とロイヤルエンフィールド クラシック350を乗り比べ。ライディングポジションからメーター周りなど細部のデザインまで比較。

用品特集では、安全性や伸縮性を備えた「ライディングデニム」を大紹介。

用品特集では、カジュアルなライディングファッションに欠かせないデニムを20本以上紹介。

本誌メインテスター梨本 圭さんによる好評連載「THE EDGE.」では、カワサキのオフロードバイク・KLX230Sテスト。

ツーリング連載「RE ROUTE」では新潟の下越地方を巡ります。

2022年2月に発売された貴重な国産オフロードバイク、カワサキ KLX230Sをテスト。
ツーリング連載「RE ROUTE」では新潟県の北東部、飯豊山系の一角で見つけた不思議な道を中心に「映え」スポットも多く紹介。

新連載コラム、人気ユーチューバーWokaRiderさんの「キャンプのウラ話」や、3年ぶりに開催された鈴鹿8耐のレポートも注目です!

3年ぶりに開催された鈴鹿8耐のレポートでは、チームHRCのゼッケン33、長島哲太選手に注目してホンダの強さの秘密を探ります。

今月も、ツーリングのヒントからニューモデル情報まで、盛りだくさんの内容でバイクの楽しみ方をお届けいたします!

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●八重洲出版

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

写真で解説「ながら運転」NG集! 赤信号停車中は? スマホを持つだけは? 何秒見たらアウトなの?? 今やバイクで音楽を楽しむのは当たり前! シーン別バイクに合う音楽10選【Episode 1】 【元警察官】に聞く「パトカーや白バイの高速追尾や路駐」って合法!? なんかズルく感じるんだけどっ!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP