新製品

キジマが、多用途に使えて疲れ知らずな充電式エアポンプ、「 スマートエアポンプ」を発売!

走る、曲がる、止まるの全てに関係し、乗り心地や燃費などにも影響を与えるタイヤ。空気圧の管理はとても重要だが、そのためだけにガソリンスタンドに行くのは面倒だし、家にある自転車用空気入れは疲れちゃう。そんなお悩みを解決するのが、充電/電動式の「スマートエアポンプ」だ。

KIJIMA SMART AIR PUMP
価格:7920円(税込み) 本体サイズ:155×63×39mm 重量:428g 吐き出し空気量20L/min
最高圧力:150psi バッテリー容量:2000mAh 7.4V
スクリーンタッチボタン方式のスマートな外観が特徴で、ホースは本体内に収納可能
バルブは米式、英式、仏式のほか、サッカーボールなどに使えるニードル、浮き輪などのレジャー用ノズルの5種を用意。充電はUSBだ

本体は片手で持てるサイズで持ち運びも軽々。これならどこでも気軽に空気圧を調整できるし、保管の場所も取らない。使い方は簡単。タッチボタンで空気圧を設定し、バルブを繋げて、作動ボタンにタッチするだけ。どんどん空気が入っていき、指定の空気圧に達したら自動で停止する。手動の空気入れでは時間も掛かるし腰も痛くなっていたはずだが、汗ひとつかかずに済んだ。スマートエアポンプ、もう手放せなくなりそう。

空気圧などはタッチボタン操作で設定。5種のモード(クルマ、バイク、自転車、ボール、カスタマイズ)は、それぞれ空気圧の調整範囲が最適化されている。Psi、bar、kPa、㎏/cm3の4つの単位を選べるのも有り難い

楽しく安全なツーリングのためにも、サーキットや峠で気持ちよく走るためにも、手軽に使える充電式のエアポンプはとっても便利な存在。バイク以外にもクルマ、自転車など多用途に使えるのもうれしい。一家に一台、常備しておくべきアイテムなのだ。

夜間の作業にも便利なLEDライト付き。これでバルブ探しに困らない。ディスプレイ表示は明るく、昼でも夜でも見やすかった

レポート●太田力也 写真●佐藤竜太

問い合わせ先

キジマ
TEL:03-3897-2167
https://www.tk-kijima.co.jp

おすすめ記事

50年前にも「アールワン」と「アールスリー」がいた! 受け継がれし(!?)ヤマハスポーツバイクの称号 【スズキDRビッグ試乗】最終進化形は800cc単気筒!「砂漠の怪鳥」と呼ばれたDR800Sの走りとは 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その4】旅する視点で2車を試す!! HONDA 400X vs BMW G310GS
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP