新製品

SHOEIのオープンフェイスヘルメット、JフォースIVに2つの新色を設定

SHOEIはオープンフェイスヘルメット、JフォースIVに新色としてブリティッシュグリーン(上写真)とラグナブルーの2色を追加。2021年4月に発売する。

ラグナブルー

軽量・コンパクトさを特徴とするJフォースIVは、M、L、XLの3つのシェルでXSからXXLまで6つサイズのラインアップし、さらに構成パーツまで軽量化することで、同社のシールド付きオープンフェイスヘルメットでは最軽量レベルを実現。また空力を考慮したフォルムにより先代のJフォースIIIからリフトを5%、ドラッグも2%低減させ、さらに静粛性も向上。頭頂部の大型エアインテークにより取り入れた外気は内装パッドと頭部を冷却し、後頭部と後部左右のエアアウトレットから排出される高性能なベンチレーション機構も備えている。

今回追加となる2色により、ソリッドカラーは既存のルミナスホワイト、ブラック、マットブラック、マットディープグレーと合わせて6色展開となる(従来ラインアップしていたマットブルーメタリック、タンジェリンオレンジは20年10月20日に受注終了)。規格はJIS規格をクリアし、価格は4万9500円。サイズはXS、S、M、L、XL、XXLを用意している。

問い合わせ先

SHOEI
TEL:03-5688-5180
https://www.shoei.com

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

警官「混んでいるから青信号にしよう」運転者「やめて!」 渋滞がひどいタイ・バンコクの原因は信号にあった デイトナ・ヘンリービギンズブランドからフレームマスクが登場 2020年発売予定! ニンジャ1000後継「SX」はここが変わった!【カワサキ・ニンジャ1000SX解説】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP