新製品

アライが新型オープンフェイスヘルメット「クラシック・エアー」を発売 クラシックなデザインと優れたエアフロー性能を融合

アライは、ビンテージヘルメットのようなシンプルなデザインを持つオープンフェイスモデル、「クラシック・エアー」を発売した。

クラシック・エアーは2019年のモーターサイクルショーに出品されたモデルで、エアインテークなどがないクラシカルなデザインにもかかわらず、頭部の熱気を3つの排出口からライナー内のエアルートを通ってヘルメット外に出すエアフローライナ・ベンチレーションを採用したのが特徴。

エアフローライナ・ベンチレーションとは、走行風の負圧により、ヘルメット後部に設けられた2か所のスリットから内部の熱気を排出するもので、フルフェイスヘルメットのラパイド・ネオに既に搭載済み。新採用の着脱可能なシステム内装と相まって、クラシック・モッドから快適性が大幅に高められている。

カラーは、単色モデルがホワイト、アイスブルー、モダングレー、フラットブラックの4色。グラフィックモデルは、ブルーとブラウン、ブラックがある「エラ」と、ホワイト、ブロンズ、ブラウンがある「ブリッツ」の2タイプもラインアップしている。価格は、単色モデルが3万5000円、グラフィックモデルが4万1000円(いずれも税別)で、サイズは55-56、57-58、59-60、61-62(各cm)を用意。オプションでニューコンペシールド(5200円)も装着可能だ。

●エラ

●ブリッツ

CONTACT

問い合わせ先 アライヘルメット
電話番号 048-641-3825
URL https://www.arai.co.jp

 

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

ホンダ GB350等身大レポート「どう楽しんでる?」「買って後悔はない?」ミーティング参加オーナーに聞いた 通信アルゴリズムを一新し、つながりやすさに自信! ミッドランド・BT メッシュR 『モーターサイクリスト』12月号は11月1日発売!! 付録は単車神社で祈祷済みの「交通安全ステッカー」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP