新製品

アライが新型オープンフェイスヘルメット「クラシック・エアー」を発売 クラシックなデザインと優れたエアフロー性能を融合

アライは、ビンテージヘルメットのようなシンプルなデザインを持つオープンフェイスモデル、「クラシック・エアー」を発売した。

クラシック・エアーは2019年のモーターサイクルショーに出品されたモデルで、エアインテークなどがないクラシカルなデザインにもかかわらず、頭部の熱気を3つの排出口からライナー内のエアルートを通ってヘルメット外に出すエアフローライナ・ベンチレーションを採用したのが特徴。

エアフローライナ・ベンチレーションとは、走行風の負圧により、ヘルメット後部に設けられた2か所のスリットから内部の熱気を排出するもので、フルフェイスヘルメットのラパイド・ネオに既に搭載済み。新採用の着脱可能なシステム内装と相まって、クラシック・モッドから快適性が大幅に高められている。

カラーは、単色モデルがホワイト、アイスブルー、モダングレー、フラットブラックの4色。グラフィックモデルは、ブルーとブラウン、ブラックがある「エラ」と、ホワイト、ブロンズ、ブラウンがある「ブリッツ」の2タイプもラインアップしている。価格は、単色モデルが3万5000円、グラフィックモデルが4万1000円(いずれも税別)で、サイズは55-56、57-58、59-60、61-62(各cm)を用意。オプションでニューコンペシールド(5200円)も装着可能だ。

●エラ

●ブリッツ

CONTACT

問い合わせ先アライヘルメット
電話番号048-641-3825
URLhttps://www.arai.co.jp

 

おすすめ記事

BMW G310R 2021 【新型G310R徹底解説】「普通二輪で乗れるBMW」が初モデルチェンジ、63万7000円で6月デリバリー開始 ゴディエジュヌー1135R 「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」を世界耐久チャンピオンマシンKR1000と比較する 埼玉の「三ない運動」世代に聞いて分かった! 原付はダサいけど、自動二輪は「便利・かっこいい」が多数【今ドキの高校生とバイク(1)】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ハーレーダビッドソン スポーツスターS
  2. GB350S ホンダ
PAGE TOP