新製品

電熱ウェアデビューにオススメ! センスも実績も抜群なケイスブランドの「プレミアムヒートジャケット」が日本上陸!!

スタイリッシュに着られるイギリスブランドの電熱服
プレミアムヒートジャケット

「一度使うと手放せない」と語るライダーが非常に多い電熱ウエアで、今年、新しいブランドが日本上陸を果たした。
それが、イギリスでナンバーワンの実績を持つケイスだ。

車載バッテリーから電源を取るケイスのプレミアムヒートジャケットは、胸と背中、腕、首という広い部位に発熱体のカーボンヒートパネルを装備。

背中の広い面と両胸、両腕、そして襟にカーボンファイバー製のヒートパネルを搭載。冷たい走行風が直接当たり冷えが気になる前身頃と腕を暖められるため、防寒ライディングジャケット単体とは比べものにならない、包み込まれるような暖かさが得られる

電源オンから数十秒で暖かさを感じるスピード発熱が可能で、慌ただしい朝でもあっという間に体を暖めてくれる。
発熱温度は約50℃だが、加温時間の長さにより3段階に温度を調整することができる。

この発熱体は非常に薄いため着用中も違和感がなく、冷気を遮断するソフトシェル生地、両脇のストレッチ素材と相まって着心地に優れるのが特徴。
なお、通常はライディング用アウターをこの上に着ることになるが、黒を基調に赤い切り替えカラーを使うなどカジュアルなデザインなので、休憩時などにアウターを脱いでも違和感はない。
黒一色というアイテムが多い電熱ウエアにあって、このデザイン性の高さは魅力だ。

発熱する面積が広いため使用できるのは7Ah以上のバッテリー容量を持つバイクとなるが、モバイルバッテリータイプと違い使用時間を気にすることなく走り続けられる。
接続方法がシンプルで使いやすいので、初めて電熱ジャケットを買おうという人にもお薦めできるアイテムだ。
 

プレミアムヒートジャケット

●価格:3万1900円
●サイズ:S、M、L、XL
●カラー:ブラック×レッド
●電圧/電流/電力:12V/ 5 .5A(5 .5A-6 .0A)/66W
●付属品:調節コントローラー、バッテリーハーネス、ヒューズキット

●バッテリーにつなぐハーネスや、ヒューズ、コントローラーは標準装備。接続は簡単で、車載バッテリーにハーネスを取り付け、ジャケットのコネクターと接続するだけ

●左裾の専用ポケットに納まるコントローラーは別体式で、こちらも2本のコネクターで接続する

 

電熱グローブも欲しいというライダーにはこちらもオススメ!

プレミアムヒートライディンググローブ

価格●3万800円

走行中にかじかむ手の甲から指先にかけてを暖めてくれるプレミアムヒートライディンググローブも同時リリース。
ジャケットの袖に備わるコネクターに接続しての利用のほか、付属のバッテリーハーネスやYコード、ヒューズを使えば単体で使用することもできる。

 

CONTACT

問い合わせ先プロト
URLhttps://www.plotonline.com

※本記事はモーターサイクリスト2019年12月号の記事を再編集して掲載しています。

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

ディオvsジョグの対決と、独自路線のセピアがまぶしかった…… ついに終焉を迎えた「原チャリブーム」ヒストリー【1990年代編】 K&HからXSR900用シートの追加モデルが登場 【愉悦のaround 50ps】峠小僧が憧れたバイクに乗ってみた(NSR250R編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
  1. VT250
PAGE TOP