トピックス

クシタニ「アニフェスジャケット」はライディングでも街着でも存在感を放つ軽量・極暖な名品

KUSHITANI K-2837 アニフェスジャケット

着脱可能な中綿入りインナーを持つウインタージャケットは、重ね着になるためどうしてもボリュームが出やすい。しかしインナー一体型のアニフェスジャケットなら、冬用でもすっきりとしたシルエットを楽しめる。

断熱の要である中綿には高性能なシンサレートフェザーレスを採用。また、中綿が入る気室の仕切りは糸を使わず生地の織りで作られているため、微細な針穴から冷気が入ることもない。フロントファスナー上部にカバーはないが、内側に見返しの大型フラップを設けて外気の侵入を軽減。タウンライドや日帰りの下道ツーリングでは十分以上の暖かさである。

そのカジュアルなデザインは街なかにも違和感なくなじむもの。買い物や食事など、バイクに乗らないときでも使いたくなる1着だ。

価格:4万1800円
カラー:ベージュ、ブラックアウト
サイズ:M、L、LL、XL
プロテクター:肩、肘、背、胸(全てオプション)

メタルプレート製のスラッシュフジが入ったワッペンを左胸に装着。今季モデルでは、両胸と両脇に備わるポケットのうち左胸だけをコーデュロイフラップとして、左右非対称の遊び心あるデザインを作り上げている
擦れが気になる両脇と腕のインサイド(体側)は、伸縮性も備わるナイロン生地を用いて耐久性を高めている。また、ウエスト部分には身幅の調整機構を採用。中綿入りインナー一体式ならではのキレイなシルエットを楽しめる
冷たい外気が裾からウエア内に入り込むのを防いでくれるストームガードを装備。前身頃内側の左右(両脇のポケットの裏側付近)にボタン留めで固定しておけるので、使わないときでも邪魔にならないのは便利だ

レポート●モーターサイクリスト編集部 写真●北村誠一郎

お問い合わせ

クシタニ
TEL:053-441-2516

https://www.kushitani.co.jp/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

大阪・太陽の塔を背景に、街中でバイクが空を飛ぶ! 重力無視のバイクトライアルイベントが11月28日(土)開催 カワサキ新型ニンジャH2 SXシリーズが搭載の「ARAS」は、自動運転レベル1の領域に入っている!? タイではレンタルバイクが750円から!「ただし、ローカルルールにはご注意を」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP