用品・グッズ

最上級オープンフェイスの新色は好奇心を刺激する彩り「SHOEI J-クルーズII キュリアス」

高機能なツーリング用オープンフェイスヘルメットのJ-クルーズIIこの6月から追加されるのが、「好奇心」という意味を持つキュリアスというグラフィックモデル。その個性的なルックスだけで選ぶ価値は十分すぎるほどあるが、そもそもベースモデルのJ-クルーズIIは、機能性と安全性にも優れる秀作だ。

シェルはモダンかつコンパクトに設計され、後頭部がスポイラーとして機能するエアロデザイン。S、M、L、XLを専用帽体サイズとすることで、快適性や軽量コンパクト化も追求している。

内装表面生地には、吸湿速乾素材のハイグラと起毛生地をハイブリッドで使用。適材適所により夏場や長時間使用時の不快感を低減し、さらに高効率ベンチレーションの採用で涼しさも磨いてある。

シールドは歪みが少なく、下端のリブが剛性を高めつつ走行風の巻き込みを抑止。セナ製インカムに対応するマウント機構を装備し、装着時にもルックスにまとまり感があるのも魅力だ。

そして何より、簡単にオン/オフできるスモークインナーサンバイザーの装備と同梱される防曇用のピンロックエボレンズにより、逆光の日中から夜間やトンネル内、雨天時やシールドが曇りやすい冬期まで、いつでもクリアな視界を確保しやすいのがうれしい。

価格:6万1600円
カラー:ブラック×オレンジ、ホワイト×ピンク
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
規格:JIS、SG

6月に新発売されるキュリアスは、植物をモチーフとしたオリエンタルな模様が描かれている。カラーは2種類で、ブラック×オレンジが落ち着いたシックな雰囲気、ホワイト×ピンクが華やかで柔らかい雰囲気を持っている
自社大型風洞実験設備を活用してベンチレーション性能を徹底的に向上。100km/h参考値では先代比で走行風流入量が約30%、排気効率は20%もアップ
従来よりも下端を5mm延長して日差しの侵入を軽減したサンバイザーを内蔵。帽体左側のレバーでオン/オフできる。欧州サングラス規格に匹敵する高精度だ
使いやすさと安全性を高次元で両立させた、SHOEI独自構造のマイクロラチェット式チンストラップを採用。厚手のグローブをしたままでも操作できる

IIではシールドの微開ポジション(左)も新設。同梱のピンロックエボレンズ使用時はそもそもほとんど曇らないが、微開で効率よく内部換気して曇りを除去できる。

report●田宮 徹 photo●北村誠一郎

問い合わせ先

SHOEI
TEL:03-5688-5180
https://www.shoei.com

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

RD、マメタン、MB50!! 俺たちが愛した「原付マニュアルトランスミッション車」1970〜80年代ヒストリー【前編】 【直前インタビュー】岩城滉一さんのバイクTVシーズン2が放映!!作中登場カスタムハーレーの仕様や番組への思いを語る CT125・ハンターカブ キジマカスタムでキャンプやツーリングをもっとタフに、もっと楽しく!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP