用品・グッズ

軽量コンパクトながらリラックスできるロースタイルチェア「K3 アウトドアチェア TC05」

バイク用品メーカーのキジマが展開する「K3」は、キャンプに似合うアイテムを展開するブランドだ。2020年からスタートし、機能的なライトやそれに合うシェード、ガス缶や紙コップ・シェラカップ・スキレットのレザー製カバーなどをリリース。タクティカルバッグシリーズはちょうどいいサイズと取り付けやすさが受けて、サイズを3種類に増やした。

そして21年11月には、キャンプツーリングに最適化されたチェアを発売。このチェアはツーリング用ギアの重要な要素であるコンパクトな収納を実現している。フレームはアルミで軽量化と耐荷重120kgを両立した。

ロースタイルのチェアは焚き火やソロ用テーブルとの相性抜群。座ってみると、かなりリラックスできて立ち上がりたくなくなる。組み立てにはちょっと力がいるものの、1分もかからなかった。カラーはブラックとカーキで、どちらもキャンプ場になじむ色合いとなっている。

ツーリングユースを前提としつつ、実用的で見た目にもおしゃれなK3のアイテムたち。あなたのキャンプサイトを華やかに彩ってくれるはずだ。

座面高は31cmで焚き火などを楽しむのにもぴったりのロースタイル。なくなりやすい収納ケースを足元に取り付ければ小物入れにもなる
ケースは大きさに余裕があり、収納しやすかった。カラーは黒とカーキの2色
背面にはベルトが付き、シェラカップやライトなどをぶら下げておける

価格:5280円
収納サイズ:15cm×12cm×35cm 重量:920g


こちらもお薦め!

K3 タクティカルサイドバッグ

見た目にもおしゃれなサイドバッグ。水や汚れに強い素材でアウトドアにも対応。ウェビングベルトは小物を掛けておくのに便利だ。2つのサイズでバイクや用途に合わせて選べる。取り付けはタンデムシートを利用したY字ベルトか、フレームぶら下げ式の2通り。バッグもカッコよく見せたいライダーにお薦めだ。

TC04:1万2100円(30cm×44cm×12cm、容量16L)
TC02:8580円(30cm×35cm×12cm、容量13L)
TC03:7920円(16cm×25cm×12cm、容量4.3L)
※TC03はツールバッグ。装着方法は任意となる
TC04ならテントとシュラフを収納できた

 report●太田力也 photo●長谷川拓司

問い合わせ先

キジマ
TEL:03-3897-2167
https://www.tk-kijima.co.jp

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

ゴディエジュヌー1135R 「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」を世界耐久チャンピオンマシンKR1000と比較する 電子デバイス採用でさらに進化! ホンダ「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOLD’OR」の新型車情報がホームページで先行公開 高い保護性能を持つスエットパーカ型ライディングウエア
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP