トピックス

【ARAI SPIRIT】アライヘルメット「ものづくり」の真髄-2

【第2回】品質管理部に潜入──

日々繰り返される性能試験

第1回で紹介したように、アライヘルメットの耐衝撃性能は群を抜く。アストロ系のような中間グレードでも、PSC/JISやSNELLの規準値を余裕を持ってクリアする衝撃吸収性を持ち、FIAがカーボン用として設定するF1用安全基準の一部をFRP製でクリアする。
しかし、アライは改良への歩みを止めない。「ヘルメットは軽ければ軽いほどいい。材料や作り方もまだまだ吟味する必要がある。新しいものがあれば当然、軽くそして強くを目指すので、ものすごい量のテストを行なう必要がある」。アライヘルメット品質管理部の岩崎雅之さんは、自身の業務をそう位置づける。
しかし、いくら安全基準をクリアしていても、実際の事故における安全を保証するものではないことを岩崎さんは百も承知している。数値化する試験業務に携わるからこそ、数値化できない「かわす性能」の重要性を強く意識するのである。

「かわす」ためには帽体の強さが大事

「レプリカブームだった10代からバイク好きで、アライへ先に入社したバイク仲間に誘われて働くことになりました。入社してみると『バイクに乗れ、乗ってナンボだ』とよく言われました。それだけ一本芯の通った会社。それは、我々にとって当然プラスに作用しています。社長がバイク乗りだけに要求は厳しいわけですが、言わなくても従業員が自ら感じているものはたくさんある。そのよさを、従業員みんなで伸ばしていきたいと考えいてます」

「できるだけ強く、軽く作ることが使命です」と語る品質管理部・岩崎雅之さん

 

取材協力:アライヘルメット http://www.arai.co.jp/jpn/top.html

(report●辻 司 photo●岡 拓 )

 

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【NEWS】ホンダが鈴鹿8耐と全日本ロードレースにワークス参戦!…
  2. 【NEW ITEM】R&G TANK TRACTION…
  3. 【NEWS】鈴鹿2&4レースの冠スポンサーが決定
  4. 歴史を彩った名車シリーズ SUZUKI GSX1100S KAT…
  5. 【NEWS】ホンダコレクションホールが 開館20周年イベントを開…
  6. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB…
  7. 大人気アニメゆるキャン△の、「リンちゃんのサイドバッグ」がついに…
  8. 即位パレードで注目の「サイドカー」、運転には何の免許が必要?

おすすめ記事

【遙かなるグランプリへ7】我が道を行くカワサキ 世界GPに衝撃を与えた“ライムグリーン” 【EVENT】参加費無料!! ライダーたちが交流できる場、「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2019」開催決定!! 【モーサイチャンネル】東京モーターサイクルショー2018 ホンダNEWモデルインタビュー&紹介! 【NEWS】国道に面していてICからも超近い! 「トライアンフ群馬」が7月6日にグランド・オープン! 【NEW ITEM】R&G TANK TRACTION GRIPS ホンダ世界選手権参戦60周年記念! GP開催直前にレジェンドライダーが集結!! ラパイドネオにダートトラックイメージの新カラーを設定 【NEWS】ミラノショーで話題となったKTM 『新型790 ADVENTURE』デビューフェア開催!! 12月のMOTORISEはオフロードレースに挑戦! 【NEWS】東京の中心に500台以上のバイクが集う!!「7th Night Rider Meeting」開催のお知らせ!!
BIKE王

ピックアップ記事

  1. ニンジャGPZ900R A2
PAGE TOP