トピックス

【ARAI SPIRIT】アライヘルメット「ものづくり」の真髄-2

【第2回】品質管理部に潜入──

日々繰り返される性能試験

第1回で紹介したように、アライヘルメットの耐衝撃性能は群を抜く。アストロ系のような中間グレードでも、PSC/JISやSNELLの規準値を余裕を持ってクリアする衝撃吸収性を持ち、FIAがカーボン用として設定するF1用安全基準の一部をFRP製でクリアする。
しかし、アライは改良への歩みを止めない。「ヘルメットは軽ければ軽いほどいい。材料や作り方もまだまだ吟味する必要がある。新しいものがあれば当然、軽くそして強くを目指すので、ものすごい量のテストを行なう必要がある」。アライヘルメット品質管理部の岩崎雅之さんは、自身の業務をそう位置づける。
しかし、いくら安全基準をクリアしていても、実際の事故における安全を保証するものではないことを岩崎さんは百も承知している。数値化する試験業務に携わるからこそ、数値化できない「かわす性能」の重要性を強く意識するのである。

「かわす」ためには帽体の強さが大事

「レプリカブームだった10代からバイク好きで、アライへ先に入社したバイク仲間に誘われて働くことになりました。入社してみると『バイクに乗れ、乗ってナンボだ』とよく言われました。それだけ一本芯の通った会社。それは、我々にとって当然プラスに作用しています。社長がバイク乗りだけに要求は厳しいわけですが、言わなくても従業員が自ら感じているものはたくさんある。そのよさを、従業員みんなで伸ばしていきたいと考えいてます」

「できるだけ強く、軽く作ることが使命です」と語る品質管理部・岩崎雅之さん

 

取材協力:アライヘルメット http://www.arai.co.jp/jpn/top.html

(report●辻 司 photo●岡 拓 )

 

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 125㏄の機動力を携えてリニューアル!モンキー&スーパーカブが帰…
  2. 【NEW ITEM】GAERNE SG-12
  3. 【好評発売中!】 HONDAスーパーカブメモリアル
  4. 利用特典も見逃せない!! ダイネーゼのレンタルスーツに新たに女性…
  5. 初心者大歓迎! ブリヂストンが後援するサーキット走行会
  6. 【NEW MODEL】SUZUKI V-STROM650/XT …
  7. スズキGSX-Sシリーズのムック登場!
  8. 『ゆるきゃん△』でもおなじみ、水色ビーノもラインアップ! 1/3…

おすすめ記事

【平成バイク大図鑑3】ハッタリが効くのに乗りやすい 日本のお家芸ジャンルとなったビッグネイキッド 西日本の旗艦店となるトライアンフ大阪がオープニングイベントを開催 【RACE】2018年のMotoGPは 3月18日(日)にカタールで開幕 ファンでなくても知っておきたい!? スーパーカブ雑学大辞典:前編 「スーパーカブを遊び倒せ!」限定のスーパーカブ90用チューニングキットが残りわずかに 【東京モーターショー2019】見所は乗り物だけじゃない! 「美の象徴」コンパニオン特集!:その5
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP