タイには本物の白バイ、パトカーが一般人を送迎してくれるサービスがあった!

タイでは白バイがかなり珍しい存在。一般の捜査や取り締まりではあまり使用されない。
セダンタイプのパトカーはだいたいが幹部用。上のクラスの幹部向けにはBMWなども用意されている。
タイのパトカーはピックアップトラックが多い。ちなみにカラーは白と栗色は各県警の所属で、バンコク都だけ黒と白が採用されている。
「BKKシューティング」が過去にVIP送迎をしたときのメンバー(画像提供:BKKシューティング)
白バイ4台、パトカー1台の送迎例(画像提供:BKKシューティング)
パトカーには乗車可能。運転手はもちろん現役警察官だ(画像提供:BKKシューティング)
タイ・スワナプーム国際空港は広いため、タラップによっては入国審査場まで徒歩10分くらいかかる場合もあるるので、警察によるVIP送迎はかなりありがたい
タイ警察の王室警護に使われているBMWのバイク。2000年代初頭までは大型バイクは軍用目的で使用することが多く、一般的に普及していなかった。
この画像の記事ページへ
  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

  1. 中上貴晶レプリカデザイン「VZ-RAM NAKAGAMI GP2」と、街なかから長距離ツーリングまでの「ASTRO-GX SPINE」が新発売【アライヘルメット】
  2. まるでコンサートホール! 「MIDLAND」史上最高音質のインカム用オプションスピーカー【RCFプレミアムサウンドキット】が新発売
  3. 高速道路で落とし物をしたら? 「戻って拾う」はダメ絶対!! 確認しておくべき「数字」とは?
PAGE TOP