最大8床の動く病院!? 東京消防庁の超大型救急車「スーパーアンビュランス」とは? 車内や装備を詳細解説!

大規模災害および多数傷病者発生時などで出動する東京消防庁の特殊救急車「スーパーアンビュランス」
救護所として救急活動の拠点の役割を担っている「スーパーアンビュランス」。車室を左右に展開した状態で走行することはできない
左右にスライドして拡張する車室。車内に入るための階段には、患者搬送のために2つのレールが付いている
最大約40平方メートルのフラットな床面と、最大8床のベッド数の確保ができる「スーパーアンビュランス」の車内
最大約40平方メートルのフラットな床面と、最大8床のベッド数の確保ができる「スーパーアンビュランス」の車内
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 「泥はね運転違反」をご存知か? クルマやバイクで歩行者に水しぶきや雪をかけると道交法違反になるのだ!
  2. 交通事故死者数は日本の約10倍! 旧正月には事故が超多発!? タイの恐るべき交通事情
  3. 「ZZR250、ニンジャ250R、そしてニンジャ250へ」カワサキ250並列2気筒の系譜【1990〜2020年代編】 ニンジャ250R カワサキ
PAGE TOP