草むらに隠れて獲物を狙えそう!? 緑のCT125・ハンターカブが2022年1月に登場!

「最初のハンターカブ」こと、1961年登場のハンターカブ C105Hの雑誌広告。
ホンダ CT125・ハンターカブの「パールオーガニックグリーン」。2022年1月20日で発売。
継続販売となるホンダ CT125・ハンターカブ「グローイングレッド」
継続販売となるホンダ CT125・ハンターカブ「マットフレスコブラウン」
最初のハンターカブこと、1961年登場のハンターカブ C105H(55cc)
1968年に登場したハンターカブ C105H直系の後継モデル・CT50(50cc)。車名に「ハンターカブ」は付かない
CT50のカタログ。純正オプションのガンホルダーを装備し野山にわけ入り、ハイキング中の若者と出会って「やあ、こんにちは!」といったストーリー??
CT50の純正オプションのカタログ。「ガンホルダー・銃や釣り竿など軽い長尺物の運搬に便利」とあるほか、「たくさんの荷物が入れられる楽しいバッグ」なるアイテムも
1981年に登場したCT110(105cc)。CT125・ハンターカブのデザインモチーフとも言える存在です
この画像の記事ページへ
  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

  1. 中上貴晶レプリカデザイン「VZ-RAM NAKAGAMI GP2」と、街なかから長距離ツーリングまでの「ASTRO-GX SPINE」が新発売【アライヘルメット】
  2. まるでコンサートホール! 「MIDLAND」史上最高音質のインカム用オプションスピーカー【RCFプレミアムサウンドキット】が新発売
  3. 高速道路で落とし物をしたら? 「戻って拾う」はダメ絶対!! 確認しておくべき「数字」とは?
PAGE TOP