CT125・ハンターカブでニーグリップができて荷物も入る!!アイディア製品「誕生秘話」

モトサービスエッジが販売する「CT125ハンターカブ・センターボックス」。価格は2万9700円。
「CT125ハンターカブ・センターボックス」を装着したホンダ CT125・ハンターカブ。
静岡県浜松市南区にある「モトサービスエッジ」の社屋。
「CT125ハンターカブ・センターボックス」を開発したモトサービスエッジの藤田さん。
荷物の出し入れがしやすいように極力大きく取った開口部。ボックスは施錠が可能。取り付けに必要なステーなどはすべて同梱されている
。防水処理は施されていないが、ちょっとした雨くらいであればしのげる。内部底部には水抜きの穴が設けてある。
「CT125ハンターカブ・センターボックス」を装着することで、ニーグリップができるようになる。
ハンターカブの車両イメージを崩さない艶ありブラックの塗装で仕上げられている。FRP製品にありがちな黒ゲルコートとは違う仕上げのよさを持つ。もちろん耐ガソリン塗料を使っており、再塗装を行う際にも下地を作りやすい。内部はFRPの地のままでになる。
センターボックスは国内で生産されている。補修部品などへの対応も安心だ。車両の重心に近いところにあるので走りのバランスにも影響が少ない。
「カーボンライクナンバーバックプレート」(1500円)。同形の製品で小型二輪・軽二輪用(1800円)もある。
各地のご当地ナンバーにも対応した「カーボンライクナンバーバックプレート」(1500円)。一番上は小型二輪・軽二輪用(1800円)。
一番左は浜松市のご当地ナンバーの形に合うよう、下の角の丸みをもたせた形の「カーボンライクナンバーバックプレート」(1500円)。原付1種、2種用の製品にはナンバープレートとバックプレートの隙間を埋める厚さ3mmのワッシャーと粘着テープ付きのスポンジが付属する。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. カメラマン柴田のGB350日記#8「今さらですが、GB350オーナー私情インプレッション」 GB350 ホンダ
  2. 電動バイクだけのモーターショー!「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」が12月4〜5日に開催
  3. ムック『スーパーカブが分かる!楽しむ!!』が2021年11月30日に八重洲出版より発売
PAGE TOP