【試乗速報!】ドゥカティ ストリートファイターV4S 「ネイキッドで208馬力を操れるのか?」

ドゥカティの最高峰スーパースポーツ・パニガーレV4をベースにしたネイキッドモデル・ストリートファイターV4
試乗車は上級仕様の「S」で、電子制御サスペンション&電子制御ステアリングダンパー、マルケジーニ製鍛造アルミホイールが装備される
エンジンはパニガーレV4をベースとする排気量1103ccのV型4気筒。最高出力は208馬力で、最大トルクについてはパニガーレV4と同値の12.6kgmを発揮。
片側2枚、計4枚のウイングは高速域での前輪の浮き上がりを防止するほか、ブレーキングをしながらコーナーに進入する際の安定性も向上させるという。
フロントサスペンションはオーリンズ製電子制御式NIX30フォークを装備。
リヤサスペンションはオーリンズ製TT36リヤショックユニットで、フロント同様に電子制御式。
ステアリングダンパーもオーリンズ製の電子制御式。前後サスペンションとともにオーリンズ製の電子制御システム「スマートEC2.0」によって統合制御される。
メーターは5インチの高解像度フルカラー液晶。ストリート向けの「ロードモード」、サーキット向けの「トラックモード」の2種類の表示パターンを選択できる。
エンジンの出力特性や、電子制御の設定を変更できるライディングモードはレース/スポーツ/ストリートの3種から選択可能。
ヘッドライトはパニガーレV4に通ずるデザインとしつつ、その上に「Vの字」に輝く「デイタイムランニングライト」を組み合わせている。
テール&ブレーキランプの内側が中空のデザインとなるテールカウルのデザインは、パニガーレV4によく似た形状。
クッション性の高いシート。シート表皮はスウェード調の仕上げで、シート高は845mm。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. カメラマン柴田のGB350日記#8「今さらですが、GB350オーナー私情インプレッション」 GB350 ホンダ
  2. 電動バイクだけのモーターショー!「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」が12月4〜5日に開催
  3. ムック『スーパーカブが分かる!楽しむ!!』が2021年11月30日に八重洲出版より発売
PAGE TOP