バイク

JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集めてみました 〜2台のヤジマ・スペシャルの巻〜

▲RD250改”TDⅢ-STREET”。TDⅢから型取りし新作したカウル、シートはヤジマならではのクオリティを見せる。大径2パネルブレーキはTDⅢそのもの。ライトまわりとゼッケンサークルのグリーンは、250ccを示すレーシングカラー。

カフェレーサーとは何か?もうそんな議論をするつもりはない。カウルがあるかないか、ハンドルがパイプかクリップオンか、塗装がラメかソリッドかということ以前に、「カッコよければそれでいい」のだ。そうは言っても世のなかには「ううーん。『カフェ』と「トラッカー』と『ポバー」と『旧車會』の違いがイマイチわからないっ!」とがきデカか小俣雅子のごとくにお嘆きの貴兄もいるだろう。そこで本サイトは風防たなびかせて東奔西走、とびきりのカフェレーサーを選び抜き、ここにお手本として”展示”する。いずれ劣らぬ美神ばかりのはずだ。

YAJIMA RD250&CB250RS-Z  2台のヤジマ•スベシャル

1980年代に一世を風靡したコンストラクターYAJIMA。その名が現代に復活した。

新作RD250改とリニューアルしたヤジマスペシャルRS-Z。

いずれもヤジマならではの完成度を誇る。

 

■路上のレーシングマシン

今から30年ほど前、スタイリッシュなカウリングと独特の2本ライン、堂々たるセパハンで世のマニアをとりこにしたヤジマのカフェレーサー。

その後、カロツェリア・ヤジマ代表の矢島満千男さんはバイク業界から離れ、四輪旧車(主にイタ車)のレストアに専念。だが10年ほど前からまたカフェを作り出した。

矢島さんの新作を見てみよう。往年の市販レーサー、ヤマハTDIIIの部品を多用したRD250である。エンジンはキャプを大径のものに交換し特注チャンバーを備えた程度だが、フロントの2パネルブレーキ、ステアリングまわり、そして一部のフレームワークはTDIIIそのものだ。カウリングもTDIIIから型取りし、矢島流に手直ししている。

しかしTDIIIのパーツをそのまま付けても面白くない。鉄製クリップオンハンドル、ステップまわりは自作品。面白いのは細いカウルステーで、これも鉄製ブレーキパイプを曲げて作った。「今はなんでもアルミだろ。やっぱり鉄のほうが温かみがあって面白いよ」と矢島さんは言う。FRP成形、そしてペイントも矢島さんの手になるものだ。

ストリップするのに数分とかからない。「カウルの驚脱に時間がかかるバイクは、 レ スを知らないヤツが作っている」。 特注したチャンバーは

エンジンはRD250でキックペダルも付く。 フレ ームにTDIIIテイストを加味した結果、 本来のオイルタンク位置がなくなり、 ステアリングヘッド下に特設した(アルミ製)。

バックステップはスチールの自家製。サイドスタンドの収まりが絶妙。

ベリアの大径タコメーターに国産のデジタルスピードメーターを組み合わせたシンプルなケージまわり。

ヘッドまわりもTDIIIだが、 スロットルリールは2本引きから1本引きに変更。 左グリップのスイッチ類は市販車用だ。カウルステーはブレーキパイプ(鉄製) を曲げて作った。

■カフェの名車、健在なり

復活したCB250RS-Z ヤジマスペシャル。基本スタイルは30年前と同じだが、成形精度を上げたうえ、フレームにも手を入れるなど進化を遂げている。ブレーキはフォンタナ、フロントフォークはチェリアーニ・レーシング(35mm径)。リムはTDⅢ用ボラーニだ。

80年代にヨーロピアン調正統派カフェとしてマニアを惹きつけたヤジマ•スタイル。国産車べースでありながら、セパハン、シングルシート、フルカウリングのコンプリート・カフェを堂々リリースしたのもヤジマが初めてだろう。その原点とも言えるのは、ホンダCB250RSだった。
レーシングマシンの軽さ、楽しさを再現するにはこの単気筒OHCのRSが理想。カフェ作りをいったん止めてまた再開した10年前、そのスタートはやはり25ORSからだった。
30年前は単にカウリングとセパハンをセットしただけだったが、リニューアル版はフロントブレーキにグリメカやフォンタナの2パネルを使いメーターまわりも作り込む。優美なカーブドサイレンサーも新たに試みた。
「それとセル付きが碁本ですよ。べースはみんなRS-Zですよ」。女性でもヒラリ、ヒラリと楽しめるカフェレーサーなのである。

TDⅢと同じくベリアレーシングが中央に居座る。ケーブル類のとりまわしも美しい。

本来、CB250RS系はデュアルエキゾーストだが、それをクランク下で箱形のプリチャンバーにまとめ、MVマー二ばりのカーブドサイレンサーで取りまとめている。

エア抜けを十分考慮したフルカウルは上下分割が容易。しっかりと面でつなぎ合わせているのがわかる。

 

本文:甲賀精英樹

写真:佐藤亮太

※本記事は八重洲出版発行のムック「THE JAPANESE CAFERACERS」(ネット書店、全国書店で絶賛発売中!)の記事を転用しています。

第2弾の「THE JAPANESE CAFERACERS 2」は9/28発売予定!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 旧車放浪記〜上がりバイクを求めて その1
  2. 珠玉の並列3気筒! 2000年代名作バイク、トライアンフ・ストリ…
  3. 【偉大なる“発明品”の話】カブの自動遠心クラッチは、カブに何をも…
  4. 【遙かなるグランプリへ7】我が道を行くカワサキ 世界GPに衝撃を…
  5. 2018年で デビュー○周年!【CBX&Z1300&XS1100…
  6. カワサキ渾身のスーパースポーツは超好印象! ’07-…
  7. 【変幻自在の派生カブ:3】コンバートキットでカブにオシャレ度をプ…
  8. 【平成バイク大図鑑4】なにより夜がアツかった平成前夜 フルスロッ…

おすすめ記事

スーパーバイク世界選手権5連覇を記念したニンジャZX-10Rのフェアを実施 【NEWS】ホンダのモータースポーツファン感謝デーで 「鈴鹿8耐トワイライトデモラン」を実施 モーサイ編集部風景 モーサイの仲間になってくれる人【Web媒体編集スタッフ】を募集! 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(6)リッターオーバー時代へ 中古二輪車スペシャリストが選ぶ! いまなお高人気の平成生まれ7モデル 【EVENT REPORT】商店街がカブ色に染まる!? 富士カブミーティング2019
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP