アーカイブ

【画像で振り返る】ハロウィーン時の東京モーターショー

ハロウィーン版フォトギャラリー

10月31日はハロウィーンです。3年ぶりに自粛要請のないこの時期なので、夜の繁華街などはさぞにぎわっていることでしょう。
ハロウィーンはもともと古代ケルトのお祭り。古代ケルトでは11月1日が新年で、10月31日の、日本で言えば大晦日に先祖の霊が戻ってくると信じられていたそうです。そこでこの日に合わせ秋の収穫物を集めたお祭りが開かれていました。仮装をする風習は先祖の霊とともに悪霊も一緒に来てしまうため、悪霊の仲間に見せかけて、災いが降りかかることを避けるためだそうです。

さて2年に1度、この時期に行なわれているのが「東京モーターショー」。昨年予定されていた第47回は早々に中止が決まり、来年は「ジャパンオールインダストリーショー」という名称に変わることが2022年5月、日本自動車工業会の記者会見において豊田章男会長から発表されています。自動車メーカーや関連メーカーだけでなく、日本の全産業が連携して、たくさんの人が集まる新しいショーを目指すとのことです。未だその詳細は明らかにされていませんが、開催時期や会期が同じくらいだと勝手に妄想するのであれば、来年の今ごろはショー会場でも仮装したブースコンパニオンが見られることでしょう。

年によって仮装するメーカーが増減しますが、このあたりはメーカーのブース責任者や、現場でコンパニオンやステージスタッフを統率しているコントローラーと呼ばれる人の遊び心の有無で決まると言えるでしょう。
個人的にはここ近年のスズキはそういった演出に積極的な印象を受けています。最終日に行なわれるグランドフィナーレでもそのための映像を制作したり、特殊効果を使った舞台演出を積極的に仕掛けるなど、ブースを盛り上げるという意識が高いように感じます。

スズキはもちろん、ジャパンオールインダストリーショーでもハロウィーン演出が多くのメーカーで引き継がれることを願っています。

レポート&写真●飯田康博

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

グローブ専門「FIVE」の2023秋冬モデルが販売中だ!指先まで安全と暖かさを感じながらのライディングを、どうぞ。 利便性を追求しつつ、ケブラーによる高い防護性を誇るRIDEZ「スリムフィットカーゴパンツ」 カワサキ「Z」&スズキ「カタナ」 昭和から令和へ受け継がれたブランドを改めて味わう

カテゴリー記事一覧