ニューモデル

1103ccV4エンジンを積む新型クルーザー、ディアベルV4を発表!

ドゥカティは10月28日に行われたウェブイベント、ドゥカティ・ワールド・プレミア2023でV型4気筒エンジンを搭載するディアベルV4を発表した。

ディアベルV4に搭載されるV4エンジンは、パニガーレV4(998cc)やストリートファイターV4(1103cc)のデスモセディチ・ストラダーレではなく、2021年に発表されたムルティストラーダV4と同じ1158ccV4グランツーリスモ・エンジンでアルミモノコックフレームに搭載。1262ccV型2気筒エンジンを積んでいたディアベル1260と比較すると、最高出力は+6馬力の168馬力、最大トルクは-0.4kgmとなる12.8kgmとなった。

注目はその軽さだ。ディアベル1260と比較し車両重量は249kgから236kgと、なんと13kgも軽量化。エンジン単体で-5kg、車体で-8kgも軽くなったのだ。これにより、0→100km/h加速は3秒を切る俊敏性を手に入れている。

その性能を支えるブレーキは、フロントにφ330mmダブルディスク+ブレンボのスタイルマ・ラジアルマウント・モノブロック4ピストンキャリパー、リヤはφ265mmディスク+ブレンボ製2ピストン・フローティングキャリパーを採用。フロントサスペンションはφ50mm倒立フォーク、リヤはストローク量が15mm増したカンチレバー式モノショックで、いずれもフルアジャスタブルタイプとなる。もちろん、コーナーリングABSやコーナリングバージョンのトラクションコントロール、ウイリーコントロールなどは標準装備。ライディングモードはスポーツ、ツーリング、アーバン、ウエットの4つを搭載し、クルーズコントロールやアップ/ダウン対応のクイックシフター、ローンチコントロールなども装備する。

5インチのカラーTFTメーターはブルートゥースによりスマートフォンとの連携が可能。着信応答やテキストメッセージの受信、音楽再生のほか、ドゥカティ・リンク・アプリを介したターン・バイ・ターンナビもオプションで利用可能。

マッスルクルーザーらしい240/45サイズの極太リヤタイヤなど、どこから見てもディアベルという個性的なスタイリングはもちろん健在。灯火類は全てLEDで、デイタイムランニングランプは形状を変更。ドット状のLEDマトリクスから構成されるリヤランプも特徴だ。

欧州への導入は2023年1月を予定。なお、日本導入時期は未発表となっている。

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストロークV型4気筒4バルブ ボア×ストローク:83mm×53.5mm 総排気量:1158cc 最高出力:124kW<168ps>/10750rpm 最大トルク:126Nm<12.8kgm>/7500rpm 変速機:6段リターン 燃費:6.4L/100km
[寸法・重量]
全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:1593 シート高:790(各mm) 車両重量:236kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R240/45ZR17 燃料タンク容量:20L

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

ドゥカティジャパン
https://www.ducati.co.jp/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

メグロの故郷へ再び! 第2回メグロ・キャノンボール那須烏山も大盛況 ホンダ、国内最大規模のバイクレンタルサービス「ホンダゴー・バイク・レンタル」を4月6日から展開 二輪免許区分改正の歴史「普通免許さえ取れば排気量無制限でバイクに乗れる時代があった」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP