アーカイブ

歴史を彩った名車シリーズ BMW R60

時代の節目に生まれた最後のミュンヘナー

1923年に第一号車のR32を発表して以来、自社のフラットツインにさまざまな改良を加え、着実に動力性能を高めてきたBMW。そのひとつの完成形と言えるのが、1955/56年から発売が始まったR50・60・69シリーズだ。何と言っても、同社の量産車で初となるアールズフォーク+スイングアーム式リヤショックを導入したこのシリーズは、各部の改良と派生機種の追加を行いながら、15年にわたって生産が続くロングセラーになったのだから。

かなり大雑把な表現になるものの、BMWフラットツインの歴史は、排気量の主軸が500と600㏄だった’23〜69年、750㏄を基盤にして1000㏄にまで発展を遂げた’69〜97年、1100→1150→1200㏄へと移行してきた’93年〜現代の3期に分類できる。もっとも、さすがにこの分類はちょっと大雑把すぎる気がするが、第1期の後半となる’55〜69年に発売されたアールズフォーク+スイングアーム採用車が、BMWにとってはひとつの完成形だったことに、異論を述べる人はいないだろう。

ちなみに、日本では“旧タイプ”と呼ばれることが多い、アールズフォークモデルの変遷は少々ややこしく、第一弾として’55年に登場したのは、500㏄ベーシック仕様のR50と600㏄スポーツ仕様のR69で(R51系とR68の後継)、R67系の後継として600㏄ベーシック仕様のR60が発売されたのは’56年。そして’60年になると、R50とR60は各部の改良を受けた/2に進化し、さらにはエンジンチューニングを受けたR50SとR69Sがデビューするのだが、2台のベーシック仕様と共に’69年まで販売が続いたR69Sに対して、R50Sはわずか3年でカタログから姿を消している。

ヘッドライトに内蔵されるスピードメーターはVDOで、タコメーターはオプション設定だった。ニュートラル/チャージランプは、’50年代生まれの車両としては画期的な装備。

燃料タンクは2種類が存在。ツールボックスのスペースは、17ℓの標準タンク:左、24ℓのラージタンク:上面。

影車はソロシート+キャリヤというスタイルだが、そのほかにソロシート+タンデムシート、オーソドックスなダブルシート、北米市場向けの幅広いダブルシートなどもあった。

R67/2用をベースに熟成が図られたフラットツインは、圧縮比の変更(5.6→6.5:1)を筆頭とする各部の改良によって、最高出力を26→28psに高めている。ちなみに同時代のアールズモデル各車の最高出力は、R50(/2):26ps、R69:35ps、R50S:35ps、R69S:42ps、R60/2:30psだった。

フロート別体式のキャブレターはビング。R50とR60の口径が24㎜径だったのに対して、Sモデルは26㎜径を採用。

従来は前後19インチホイールが多かったBMWだが、アールズフォーク時代は全モデルを前後18インチで統一。

 

R60系のファイナルギヤは8/25が標準で、サイドカー用はローギアードな7/27。前後ブレーキドラム径は200㎜。

 

新車情報はBMWモトラッド公式サイトへ

関連記事

  1. 【EVENT】11月25日(日)にトライアンフがイベントを開催!…
  2. ショーの詳細発表!! 第46回東京モーターショー2019説明会/…
  3. HONDA本気の電動バイク! ビジネスモデルのBENLYと三輪の…
  4. なんで手放しちゃったんだっ! 編集部員が「売らなきゃよかった」と…
  5. 「北海道ふっこう割」で ブラッと旅するひがし北海道-2
  6. 【ARAI SPIRIT】アライヘルメット「ものづくり」の真髄-…
  7. 春のツーリングに行きたい!全国お薦め旅先セレクション〜中国・四国…
  8. 東京モーターサイクルショーでとっきーと2ショット撮影! 3月23…

旅に出よう!

おすすめ記事

ゆるキャン△ファン必見! なでしこ&りんちゃん柄ネクタイとリンちゃんのヘルメットピンズが予約受付中! 【NEW MODEL】HARLEY-DAVIDSON SPORT GLIDE TRIUMPHという価値「新星登場」 【NEWS】ベスラブレーキガールイベント、各地で開催中! 誕生から50年経過しても変わらない! CB750Fourならではの魅力に迫る アウトメカニカ・フランクフルト 2018は9月11日〜15日の開催! 【バイク熱狂時代は永遠に:2】そこには守るべき“ルール”があった……高校生が見た1980年代の峠の世界 ショートツーリングで巡りたい! 東京湾岸の"島々"〜神奈川県編〜 【NEW ITEMS】NICOLAS MOTORCYCLE IMAGE WALLET 【NEW MODEL】SUZUKI GSX-S1000 ABS/GSX-S1000F ABS
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP