キャンペーン

「カルドのメッシュ通信使ってみようキャンペーン」第2弾が2021年11月19日より開始!!「PACKTALK BOLD JBL 」が大幅割引

数量限定、カルド「PACKTALK BOLD JBL」が2万円台で買える!!

アメリカペンシルバニア州ピッツバーグに本社を置くバイク用インカムブランドの「カルド」(輸入販売元:岡田商事)。
複数のインカム同士が網目状に繋がり、通信の途中で1台が抜けたり距離が離れたりして接続が切れた場合にも再接続の作業がいらないなどのメリットを持つ「メッシュ通信」を世界のメーカーに先駆けて開発、バイク用インカムに導入した高い技術を持つインカムメーカーです。

そんなカルドが「メッシュ通信の便利さをもっと知ってもらいたい!!」という思いで2021年11月19日から「カルドのメッシュ通信使ってみようキャンペーン第2弾」を開始しました。

「カルドのメッシュ通信使ってみようキャンペーン」は、メッシュ通信が可能なインカムのカルド「PACKTALK BOLD JBL SINGLE」(通常販売価格:4万480円)を2万9800円、同機種が2台セットになっている「PACKTALK BOLD JBL DUO」(通常販売価格:7万6450円)も5万3600円で購入できるというものです。

特別価格で購入できるのは数量限定で、予定販売数に達し次第キャンペーンは終了するとのことです。

メッシュ通信が可能なカルド「PACKTALK BOLD JBL」ってどんなインカム?

カルド「PACKTALK BOLD JBL」。

カルド「PACKTALK BOLD JBL」はカルドのハイエンドインカムのひとつで、最大の特徴はカルド独自のメッシュ通信システムであるDMC(ダイナミック メッシュ コミュニケーション)を採用すること。
網目状にネットワークを張り巡らせることで、グループ内の各ライダーの走行順序にかかわらず、最大15人のライダー間で最大通信距離8kmの連続的なインカム会話が可能となっています。

カルド独自のメッシュ通信システムであるDMC(ダイナミック メッシュ コミュニケーション)の接続イメージ。
専用アプリの「Cardo Connect」を使用すれば、ペアリングや機器の設定をより簡単に行えます。

また、音質にこだわっていることも特徴のひとつ。カルドは2019年に世界的に有名なアメリカの音響機器メーカー「JBL」とパートナシップを組んで同社製のスピーカーを標準装備し、明瞭で優れた音質を実現しています。

音質にこだわっていることも「PACKTALK BOLD JBL」の特徴のひとつ。
防水・防塵の保護等級はIP67を取得。雨の日も安心して使用できる。

「カルドのメッシュ通信使ってみようキャンペーン」キャンペーン詳細

期間:2021年11月19日(金)〜販売予定台数がなくなり次第終了
対象製品:「PACKTALK BOLD JBL SINGLE(1個)」および「PACKTALK BOLD JBL DUO(2個セット)」
キャンペーン価格:「PACKTALK BOLD JBL SINGLE」(通常販売価格:4万480円)は2 万9800円(キャンペーン予定価格)、「PACKTALK BOLD JBL DUO」(通常販売価格:7万6450円)は5万3600円(キャンペーン予定価格)

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●岡田商事/岡田商事

お問い合わせ

岡田商事TEL:03-5473-0371

カルド公式ウェブサイト(キャンペーンページ)

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

テーブルにもなる大容量バッグ!? MOTO FIZZ・キャンプテーブルシートバッグ (ベスパ プリマベーラ)RED125が3月デビュー、シートやホイールも赤で統一「購入費の一部はAIDS闘病者支援に」 2018年で"デビュー○周年"!【CB750FOUR編】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP