トピックス

【厳選!ツーリングサポートアイテム】日帰りツーリングに最適なクシタニのヒップバッグに、カモフラージュ柄を採用した限定モデルが登場

日帰りツーリングでも、スマートフォンと財布のほかに地図やモバイルバッテリーくらいは持って行きたいもの。そんなときに重宝するのが、車体に取り付ける手間を省けるボディバッグだ。

中でもクシタニのヒップバッグは、タオルや防風インナーなども余裕で収納できる5Lという容量が絶妙。体と触れる面はソフトなメッシュ素材のため、バッグを着けたまま旅先を散策するのにも適している。このK-3586″B”はカモフラージュ柄を用いた限定生産モデルで、黒で統一されたシックなカラーはどんなライディングウエアともマッチするだろう。

メイン素材は防水処理された1680デニールのコーデュラナイロンで、レインカバーも付属。天候の変化に対応しやすいということは、日帰りだけでなく街乗りからロングツーリングまで、幅広く活躍するバッグと言える。

カモフラ柄を採用した限定生産品
KUSHITANI
K-3586B ヒップバッグ


■価格:1万2100円 ■サイズ:H215mm×W270mm×D90mm
■容量:約5.2L ■カラー:ブラックアウト

(左)付属のショルダーベルトを使えば肩に掛けることも可能
(右)ワンショルダーバッグのように斜め掛けにするのもおしゃれだ
500mlクラスのペットボトルがすっぽりと収まるドリンクホルダーを装備
前面のラバーコードには外したグローブを挟んでおける
本体は防水生地のため、アウターカバーとの間にはぬれたタオルなども入れておける
内側にはスマホポケットも備わる
可動タイプの円形バックルを採用しているので、バイクのシートに座ったときでもベルトのズレが気にならないのは有り難い

容量2.4ℓのレッグバッグから
17ℓのバックパックまで多彩なラインアップ

迷彩柄を採用するブラックアウトカラーの限定モデルには、このほかにもウエストバッグやワンショルダーバッグ、レッグバッグ、バックパックなどが用意されている。素材はいずれも、PVCコーティングされた1680デニールのコーデュラナイロンに人工皮革やポリエステルメッシュなどを組み合わせている。そのため、例えばバックパックとレッグバッグを組み合わせて使うようなときでも、カラーだけでなく素材感のイメージも統一できるのだ。

K-3587B バックパック
■価格:1万7600円 ■容量:約17L

右上)K-3585B ウエストバッグ
■価格:9350円 ■容量:約3L
(右下)K-3589B ワンショルダーバッグ
■価格:1万2100円 ■容量:約3.9L
(左)K-3588B レッグバッグ
■価格:9900円 ■容量:約2.4L
問い合わせ先

クシタニ
TEL:053-441-2516
http://www.kushitani.co.jp

おすすめ記事

【おとなの信州探訪】極上の肉を味わう旅に出よう! 信州“お肉”大図鑑 専用装備は意外と少ない? ホンダ渾身の電動郵便バイク、ベース車との違いは? 【CLOSE UP!】WILD WING WWM-0003 スワロー
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP