トピックス

ジーンズを“育てる”楽しさを味わえる
RIDEZ・フルケブラーリジッドジーンズ

生デニムとも呼ばれる、水洗い加工が行われていない13オンスの“リジッドデニム”を使ったライディングジーンズ。濃いインディゴのカラーが美しいデニムは、自分だけのシワや色落ちを作り出す楽しみを秘めている。

そのため、あえてライディング中だけ履いてライダーならではの「味」を持たせる、という“育て方”も可能だ。

ややテーパード気味のストレートジーンズ。シンプルなデザインなので、ライディング中だけでなく普段使いもしやすいはずだ。背中側のベルトループは、ライディング時に引っ張られる腰周りの強度を上げるため、力の掛かる方向を考えて設定 。
サイズ(ウエスト×レングス):30×30、30×32、32×30、32×32、34×32、34×34、36×32、36×34(インチ)
カラー:ディープインディゴ
価格:1万7490円
腰から膝下までの広い範囲を保護するケブラーニットのライナーはヒートガードの役割も果たし、腰にはプロテクターポケットも装備。裾はデニム生地のみなのでロールアップも可能だ。

内側にケブラーニットのライナーが備わっており、さらに腰と膝にはCEレベル2プロテクターも装備するなど優れた安全性を持つ。

膝プロテクター(右)と腰プロテクター(左)を標準装備。どちらもCEレベル2。装備位置の調整も可能だ
生地の合わせ目に沿っているため目立たないが、膝のプロテクターポケットには外部ファスナーが備わる。パンツを脱がずにプロテクターの着脱ができるのは非常に便利だ。

また、生地は防水ではないが撥水加工が施されているため、突然の雨でも「レインウエアを着る前にずぶぬれになってしまう」なんてことはないだろう。

ライナーやプロテクターの分やや重量感はあるが、シンプルなデザインなのでどんなジャケットとも合わせやすいはずだ。

乗降時などでバイクに傷が付くのを防ぐため、ジーンズの特徴であるポケットのリベット留めを使わず、その代わりにデザイン的なアクセントとなるDリングを採用している。

One More Choice!
RDB1002 フルケブラーストレッチジーンズ

ケブラーニットのライナーや膝と腰のCEレベル2プロテクター、生地の撥水加工はフルケブラーリジッドジーンズと同じだが、こちらは12オンスのストレッチデニムによる動きやすさが特徴。膝下で生地を切り替えた立体的なデザインとなり、裾にファスナーが備わるのでブーツアウトスタイルも楽しめる。

サイズ(ウエスト×レングス):30×30、30×32、32×30、32×32、34×32、34×34、36×32、36×34(インチ)
カラー:インディゴ
価格:1万7490円

お問い合わせ

RIDEZ
☎︎045-628-9666
https://ridez.jp/

おすすめ記事

東京モーターサイクルショー2019・キャンギャル図鑑!! トライアンフがタイガー900シリーズのサービスキャンペーンを実施 ホンダ スーパーカブ命名秘話 「カブ」って一体どういう意味?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP