トピックス

東京モーターショー2019で大公開! 圧倒的な走破性を誇る新型アフリカツイン

CRF1100Lアフリカツイン DUAL CLUTCH TRANSMISSION ES

2016年に国内市場に登場したアフリカツインは、排気量が1100㏄化され、IMUを新搭載した市販予定車が登場する。
電子制御を充実させ、ライダーの冒険心をサポートする。

report●飯田康博 photo●山内潤也

 

“更に快適に”進化したアフリカツイン

より快適な長距離移動のため、各部が進化した新型アフリカツイン。

新設計フレームや1100㏄へと拡大されたエンジンなど見所は多いが、注目は6軸IMU(慣性計測装置)を新搭載したことだ。パワーモードやトルクコントロール、ABSの制御をより緻密化し、ライディングをサポートしてくれる。フロントカウルには夜間走行での安心感を高めるコーナリングヘッドライトが追加されたが、おそらくこれもIMUからのデータを使い点灯の仕方が変化するものだと予想できる。

新型アフリカツイン

●コーナリングヘッドライト装着で大きく変わったフロントフェイス。コーナリングヘッドライトはIMUからのデータを使い、車体の傾きに合わせて点灯の仕方が変わるタイプだと思われる

ライダーズビューは各種セッテイングを容易とする、6.5インチサイズのタッチパネル式カラーメーターを採用して大きく変化した。現行型ユーザーが望んでいたクルーズコントロールも新搭載された他、ホイールもクロススポークタイプになってチューブレスタイヤへと変更されているようだ。

新型アフリカツイン

●6.5インチサイズのタッチパネル式カラー液晶メーターが目を引くライダーズビュー。デジタルメーター下にもインジケーターなどを表示するサブメーターが備えられる。USB端子もメーター横に装備

そして新たに路面状況に合わせて瞬時に減衰力を調整する、ショーワ製電子制御サスペンションを装備したESモデルが登場する。(車高調整機能の有無は執筆時は不明)。

ビッグタンク、アンダーガードなどを専用で装備するアドベンチャースポーツも、同様の変更を受けたモデルが会場に展示される予定だ。トータルバランスを磨き上げ、「どこまでも快適に走り続ける」性能を強化している。

新型アフリカツイン

●大容量燃料タンクや大型のアンダーガード、専用リヤキャリヤを装備するアドベンチャースポーツ。現行型の特徴である、ガードパイプがフロントカウルから除かれているが、リヤディスクガードが追加されたようだ。スタンダードとの相違点が気になる

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 夏に食べたい旨い「レア飯」6選 in 北海道
  2. 【EVENT】鈴鹿サーキットにてアジアロード選手権と同時開催!!…
  3. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜本格…
  4. 【NEWS】増税前のラストチャンス!? 『KTM 金利0%キャン…
  5. 【NEW ITEMS】TZR250(1KT)オーナーに朗報! 純…
  6. ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る…
  7. 第22回カフェカブミーティングin青山 2日めフォトリポート
  8. 12月のMOTORISEはオフロードレースに挑戦!

おすすめ記事

スズキ グラストラッカー用のシフトポジションインジケーターが登場 【NEW ITEMS】SHOEI GT-AirⅡ CONJURE / DEVIATION ハーレーの2020年モデルを公道で試乗できるイベントが開催 【ワインディングニッポン】ビーナスライン(長野県) 〜2016 MT09用 SP忠男製フルエキゾーストマフラーが気持ちいい! 「ふっこう割」で行く、北海道・十勝のうまいもの巡り-2
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP