トピックス

東京モーターショー2019で大公開! 圧倒的な走破性を誇る新型アフリカツイン

CRF1100Lアフリカツイン DUAL CLUTCH TRANSMISSION ES

2016年に国内市場に登場したアフリカツインは、排気量が1100㏄化され、IMUを新搭載した市販予定車が登場する。
電子制御を充実させ、ライダーの冒険心をサポートする。

report●飯田康博 photo●山内潤也

 

“更に快適に”進化したアフリカツイン

より快適な長距離移動のため、各部が進化した新型アフリカツイン。

新設計フレームや1100㏄へと拡大されたエンジンなど見所は多いが、注目は6軸IMU(慣性計測装置)を新搭載したことだ。パワーモードやトルクコントロール、ABSの制御をより緻密化し、ライディングをサポートしてくれる。フロントカウルには夜間走行での安心感を高めるコーナリングヘッドライトが追加されたが、おそらくこれもIMUからのデータを使い点灯の仕方が変化するものだと予想できる。

新型アフリカツイン

●コーナリングヘッドライト装着で大きく変わったフロントフェイス。コーナリングヘッドライトはIMUからのデータを使い、車体の傾きに合わせて点灯の仕方が変わるタイプだと思われる

ライダーズビューは各種セッテイングを容易とする、6.5インチサイズのタッチパネル式カラーメーターを採用して大きく変化した。現行型ユーザーが望んでいたクルーズコントロールも新搭載された他、ホイールもクロススポークタイプになってチューブレスタイヤへと変更されているようだ。

新型アフリカツイン

●6.5インチサイズのタッチパネル式カラー液晶メーターが目を引くライダーズビュー。デジタルメーター下にもインジケーターなどを表示するサブメーターが備えられる。USB端子もメーター横に装備

そして新たに路面状況に合わせて瞬時に減衰力を調整する、ショーワ製電子制御サスペンションを装備したESモデルが登場する。(車高調整機能の有無は執筆時は不明)。

ビッグタンク、アンダーガードなどを専用で装備するアドベンチャースポーツも、同様の変更を受けたモデルが会場に展示される予定だ。トータルバランスを磨き上げ、「どこまでも快適に走り続ける」性能を強化している。

新型アフリカツイン

●大容量燃料タンクや大型のアンダーガード、専用リヤキャリヤを装備するアドベンチャースポーツ。現行型の特徴である、ガードパイプがフロントカウルから除かれているが、リヤディスクガードが追加されたようだ。スタンダードとの相違点が気になる

 

CRF1100L AFRICA TWIN関連写真

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB…
  2. 【NEWS】ハーレーとGraphersRockがコラボした世界に…
  3. トリシティに300ccエンジンを積んだ中型モデル
  4. 第22回 カフェカブミーティングin青山 11月3日、11月4日…
  5. サイン・ハウス 新ショールーム訪問記
  6. 新潟県と神奈川県にカワサキプラザがオープン!
  7. 【新刊情報】KADOKAWA スニーカー文庫『スーパーカブシリー…
  8. 【NEW MODELS】SUZUKI HAYABUSA

旅に出よう!

おすすめ記事

いま見ても衝撃のスタイル! 2000年代に登場した唯一無二のスーパースポーツ、KTM 1190 RC8を解説! トライアンフ車を購入するとアクセサリーが半額で手に入る! 最強モデルはどれだ!? 航続距離の長い90~125ccスクーターベスト10 ハーレーのカスタムと言えばOZ-Garage(オズガレージ)!! 新店舗が7月21日にグランドオープン! 【NEWS】ホンダが鈴鹿8耐と全日本ロードレースにワークス参戦! 【カタナヒストリー】カタナはなぜ”名車”に成り得たのか。初代から新型までを振り返る 【伝説の名車、再び】新型カタナは生まれるべくして生まれた!?(中編) 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】09rpm:VITPILEN 701のサーキット走行の実力は!? 【時代を駆け抜けたバイクたち1】HONDA CBR900RR FireBlade 【遙かなるグランプリへ3】ホンダに続け! 偶然の出会いが生んだスズキ・マン島TT挑戦史(前編)
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP