ニューモデル

ついにファイナルエディション ヤマハ・SR400が43年の歴史に幕 1000台限定の特別仕様車も同時リリース

ヤマハはSR400の最終モデルとなる2021年型「SR400 Final Edition」および特別なカラーリングやエンブレムを採用する1000台限定の特別仕様車「SR400 Final Edition Limited」を2021年3月15日に発売すると発表した。

SR400 Final Edition Limited ヤマハブラック(ブラック)

1978年に登場したSR400。トラディショナルなスタイルのボディに空冷4ストロークOHC2バルブ単気筒エンジンを搭載した同車は、ビッグシングルらしい乗り味で幅広い年代層から支持を集めた、ヤマハを代表するモデルだ。
ヤマハは当モデルを最後に生産終了するとアナウンスしており、SR400は43年の歴史に幕を下ろすことになる。

SR400 Final Edition Limitedは、多くのファンを持つカラーリングであるブラックを採用。ベースの基本色にぼかし塗装を施す“サンバースト塗装”を採用したフューエルタンクやシリアルナンバー入りの電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトを施したホイールリム、Final Editionの文字をあしらった黒の文字盤メーターなど、SRの最後を飾るにふさわしい仕様となっている。

“Final Edition”の文字が記された文字盤を採用するブラックメーター
サンバースト塗装を採用するフューエルタンク
新色アルマイトのホイールリム

シリアルナンバー入り電鋳エンブレムが装着されるサイドカバー

またSR400 Final Editionは、歴代モデルを彷彿とさせるグラフィックパターンを採用したダークグレーと、深い色合いのブルーが設定されている。販売計画台数は5000台となっている。

SR400 Final Edition ダークグレーメタリックN(ダークグレー)
SR400 Final Edition ダルパープリッシュブルーメタリックX(ブルー)

なおSR400 Final Edition Limitedは「ヤマハモーターサイクルエクスクルーシブモデル」となっており、YSPおよびアドバンスディーラーのみの販売となる。

価格はSR400 Final Edition Limitedが74万8000円、SR400 Final Editionが60万5000円。

問い合わせ

カスタマーコミュニケーションセンター

フリーダイヤル:0120-090-819

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/sr400/

おすすめ記事

【世界限定750台!】ボンネビル ボバーのファクトリーカスタムモデルが発売 【’80sバイク熱狂時代】進化が止まらなかった、’80〜90年代2サイクルマシン変遷史(後編) 【速報】新型ヤマハMT-09 SP試乗「1日中コーナリングしていたいほど楽しいハンドリングマシン」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP